サイト内検索 

メインメニュー
金谷小学校ニュース
アクセスカウンタ
今日 : 193193193
昨日 : 469469469
総計 : 903862903862903862903862903862903862
金谷小学校カレンダー
前月2017年 3月翌月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
<今日>
金谷小学校最新ニュース
中学校区最新ニュース
金谷小学校月別過去記事

2014年10月31日(金曜日)

地域支援課訪問

「考える 深める 見つめる」授業

 金谷小学校では、「考える 深める 見つめる」授業づくりに取り組んでいます。

 10/29(水)には、静西教育事務所地域支援課の方と島田市教育委員会の方がお見えになりました。全クラスの授業を参観していただきました。

    

  『考える』とは、課題や問題に対してじっくり取り組み、自分の考えをもつこと

 『深める』とは、そうして見つけた”自分の考え”を互いに出し合って、より深めていくこと

 『見つめる』とは、「考え 深めた」その日の学習をふり返り,課題や問題に対しての自分の考えをまとめること

 以上のようにとらえて実践を進めています。

 参観後, 「どのクラスでも、子どもたちから学ぶことへの意欲が見られました。自分の考えづくりに没頭する子、既習事項をもとに発言する子、ペアやグループでの話し合いによって考えを深めていく子が見られました。聞くこと・話すことを大切にしていることも伺えました。このような姿がこれからも見られるよう、さらに努力を続けてください。」との励ましをいただきました。

 御指導いただいたことをもとに、「思考・判断・意欲」を高める授業をめざしてこれからも努力していきたいと思います。

 


2014年10月27日(月曜日)

5年生音楽練習

カテゴリー: - kne03 @ 13時11分52秒

言葉を大切に 心を合わせて 

 金谷中学校区では、小中が連携して授業研究をしています。

 10/24(木)6時間目には、金谷中学校の池谷校長先生が、5年生の合唱・合奏を御指導くださいました。

     

 5年生による2部合唱「ゆうき」、器楽合奏「Let it go」をじっと聴いていた池谷校長先生・・・「金谷小は、毎年合唱と合奏の両方で、素晴らしい演奏を聴かせてくれます。今年も楽しみにしています。」とお話してくださり、さらによい演奏になるためのアドバイスをくださいました。

 「合奏では、休符がとても大切。出だしを揃えて、リズムを感じて演奏するといいよ。」「『子どもはひとりひとり・・・』という歌詞のなかで、大切な言葉はどこだろう?それが聴いている人に伝わるように歌うといいよ。」とお話しくださり、「曲の流れを感じて 息を合わせること」、「言葉を大切にして 抑揚をつけて歌うこと」の大切さについて、御指導くださいました。

 池谷校長先生の言葉をしっかりと受け止めた5年生の子どもたち・・・1時間足らずの短い時間でしたが、合唱も合奏も一段と上達しました。

 「もう一度来ます。」と約束してくれた池谷校長先生のお言葉に応えられるようにと、さらに練習に取り組んでいる5年生です。11/11(火)の市内音楽発表会を、お楽しみに!


2014年10月23日(木曜日)

防災教室

カテゴリー: - kne03 @ 10時23分31秒

危険を見分けるサインを知ろう!

 10/21(火)の5時間目、静岡地方気象台の方がお見えくださり、全校児童を対象にした防災教室が行われました。気象庁の仕事や天気予報の仕組みとともに、こわい台風や落雷等からどうやって身を守ったらよいか教えてくださいました。

  

 気象庁のマスコット”はれるん”の登場とともに始まった防災教室・・・天気予報だけでなく、地震や津波等、様々な災害に関わる情報を扱っていることを知りました。続いて、”天気予報の大切さと予報の仕組み”について、ビデオをもとに学習しました。「川の水が濁ってきたら、上流で雨が降っている証拠です。下流が晴れていても,水害が起こる危険があるんだよ。」「雷が鳴っているときは,家の中や車の中が安全だよ。雨宿りのため大きな木の下にいることも危ないんだよ。」等,優しく教えてくれました。

 

 大きな台風がやってきている今年・・・「災害の被害に合うことなく、みんな元気で過ごしたい。」そんな思いを新たにした防災教室でした。

 


2014年10月17日(金曜日)

6年生陸上記録会

カテゴリー: - kne03 @ 18時28分23秒

記録は、心に刻んで

 突然の悪天候のため、やむなく中止の決定を下した市内陸上記録会。この日に向けて練習を重ねてきた子どもたちの発表の場として、「金谷小6年生陸上記録会」を開催しました。保護者の皆様と全校下級生の応援の中,6年生の子どもたちは、市営競技場さながらの熱気と気迫をもって大会に臨みました。

  

6年生へ贈る言葉「力のいっぱいの姿に感動しました!」  

  

 100メートル競争の選手の多くが自己ベストの走りをすることができました。中には、新記録を出した子もいました。今まで結果が出なくてスランプだった子も、本番では思いきり走りきることができたと思います。

 

 800,1500メートル走では、全員が新記録を出しました。いつもよりも速いペースに、それでも全員がくらいついていきました。とび入りで何人かの仲間が一緒に走ったことも、記録につながったのでしょう。今までの努力が結果に繋がった瞬間でした。

 

   

  

 幅跳びでは、踏み込んだ時の「1,2,3!」のリズムに気を付けたり、またある子は、踏み込んだ後に上方へ高く跳び上がることを意識したりと、それぞれの課題を意識して跳ぶことができました。

 走り高跳びでは、応援に来てくれた下級生たちが息をのむような瞬間がたくさんありました。1.2回目を失敗し、後がない状況。その場にいたすべての人が祈るように応援していました。その思いに応えるように、3回目の挑戦で見事跳ぶことができ、大きな歓声があがりました。

 結果は142センチメートル。市内最高記録の144センチメートルに迫る記録でした。自分たちの身長を軽々超える跳躍に、見ている1年生も「すごーい」と歓声をあげていました。

 

 

  

 

 ソフトボール投げでは全身のバネを生かし、見事なフォームの試技を見せました。  遠くに飛んでいくボールを見ながら、3年生の男の子が「かっこいいなー」とつぶやいていました。

 100×4リレーの選手は、練習の時、何度も何度もバトンパスの練習に取り組みました。”どこで受け取ったら一番スムーズにバトンが繋がるのか”、”微調整を繰り返したり、実際に走ってみて動きを確かめたりしてきました。その成果が本番で発揮され、スピードを落とすことなく、流れるようなパスでバトンをつなぐことができました。

 

 下級生の前で「あこがれの6年生」になれたことは、子どもたちの大きな自信に繋がったことでしょう。

 保護者の皆様方には、お忙しい中応援においでいただき、ありがとうございました。        

 

 

 


2年生生活科「ハートをつなごう」

カテゴリー: - kne03 @ 17時06分36秒

つながりに来たよ!金谷の町の”自まんの人たち”

 以前の町たんけんで「もう一度,あのお店でお話を聞きたい」という気持ちがふくらんだ2年生・・・その思いをかなえるために,グループに分かれて,もう一度大好きなお店へ”ハートをつなぐ町たんけん”に出かけました。お店の人とたくさんお話をして、工夫や秘密をいっぱい見つけることができました。

       


2014年10月16日(木曜日)

2年音楽

カテゴリー: - kne03 @ 17時17分03秒

「お祭りを盛り上げる太鼓のリズムを作ろう!」

 

2年2組の子どもたちが、音楽の時間に”お祭りの太鼓のリズム”をつくりました。

    

 

 まず、一人一人が色々な2拍子のリズムを組み合わせて、4小節ずつの”お祭りのリズム”を作りました。次に、個々で作ったリズムを班で合体させ、”班のお祭りのリズム”を作りました。どういう順序で合わせたら、お祭りを盛り上げるリズムになるか班で考えました。

 何度も何度もリズム打ちしながら、だんだん納得のいく班のリズムができてきました。

 できあがったリズムをみんなで打って大盛り上がり!その後の振り返りでは、「○○さんのリズムを合わせたら、とってもきれいになりました。」「『こうするともっとよくなるよ。』と教えてもらってうれしかったです。」等の感想が出されました。

 

     

みんなでつくった”なかよしリズム”・・・どこかで発表の機会があるのかな?

 


2014年10月15日(水曜日)

後期始業式

カテゴリー: - kne03 @ 20時37分27秒

勉強ができる幸せ

 ”台風一過”の青空のもと、今日から後期の始まりです。始業式で、校長先生は、史上最年少で”ノーベル平和賞”を受賞したマララ・ユスフザイさんの国連での演説の一部を出しながら話をしました。

  「穏やかでいなさい、すべての人を愛しなさい」「言葉で世界を変えられるのです」「すべての子どもたちの明るい未来のために、学校と教育を求めます」。ー

 そんなマララさんの演説から、子どもたちに、あらためて「言葉で思いを伝えること」の大切さ、そして、「勉強すること」の大切さについて話をしました。

 それから、世界中には、今でも学校に行けないでいる子どもが何千万人もいること、子どものうちから大人と同じように働かなくてはならない子どもがいること、小学校高学年くらいなのに結婚させられて家の仕事をしなければならない子どもがいること等を伝えながら、この地球の上には「勉強したい!」と思っても勉強の機会が与えられない子がたくさんいることを話しました。

 子どもたちは、一生懸命聞いていました。

 最後に、校長先生は言いました。                            

 皆さんは、今、学校に来ることができる幸せの中にいます。「勉強ができる 言葉でつながる」幸せの中にいます。

 後期が始まります。さあ、いっぱい勉強しましょう。たくさん考えて、たくさんの知識を身に付けましょう。たくさんの言葉を覚えて、たくさんの友だちとつながりましょう

  

  校長先生のお話に続き,2年 ,4年,6年の代表児童が,後期にがんばりたいことについて話しました。「係の仕事も自分の力でやり遂げたい 漢字がもっと書けるように練習したい」「さん くんづけで呼びたい 自分から進んであいさつをしたい」「授業中進んで発表したい 仲間と過ごすことを大切にしたい」と,それぞれに立派に決意を述べることができました。


2014年10月12日(日曜日)

SLフェスタ

カテゴリー: - kne03 @ 10時27分10秒

金谷のよさを伝えたよ

 10/11(土)、新金谷駅前広場で、6年生が総合的な学習の時間の取り組みとして”金谷地区のよさ”について発表を行いました。大勢のお客さん方を前にして、実物を展示したり、クイズやゲーム形式にしたりして、楽しくわかりやすく、堂々と発表しました。

    

当日は、午前の部と午後の部の2部形式。それぞれ役割分担して発表しました。

          

 志戸呂焼きチームは歴史や特徴についての発表。実物を並べながらクイズと解説書を用意して説明していました。金谷のお茶のよさについて発表したグループは、牧ノ原開墾の紙芝居を見せながら歴史の解説。農家の方の取り組みやお茶の効能についても説明した後、お茶クッキーやお茶せっけんをプレゼントしていました。

         

 SLグループは蒸気機関車が導入されるまでの歴史や特徴を紙芝居やクイズにして紹介。駅名を記したピンボールやすごろくもあり、大井川鉄道の行程が楽しく学べるように工夫していました。石畳チームは、石畳のミニチュアを前にその特徴を披露。”災いがかからぬよう転ばないこと”等を強調していました。諏訪原城址グループチームもミニチュアを展示しての解説。この城の特徴である巨大な”馬出し”の様子をよく伝えていました

 SLフェスタは大井川流域の市町村が共同開催し、鉄道事業と地域文化を紹介する大きな行事。その一翼を担って立派に務めを果たした6年生・・・みんなの一生懸命な姿を見て、金谷地区の未来に大きな希望をもった方も多かったことでしょう。

 当日温かい励ましをいただき、準備期間中も御協力をいただいた保護者の皆様、ありがとうございました。


2014年10月10日(金曜日)

前期終業式

カテゴリー: - kne03 @ 13時01分23秒

自分の中にある”力”

 今日は前期最終日,終業式の日です。 「皆さん,夏休み明け朝会の中で,どんな話をしたか覚えていますか?」・・・・体育館に集まった全校児童を前に,校長先生は,こう話し始めました。

☆校長先生のお話☆

  

「皆さんの体 頭 心の中には,”まだ使っていない大きな力 大きな可能性があります。夏休み明けからはその力を使うチャンス!成長のチャンスです。失敗してもOK!失敗してやり直す時に力が発揮されます。自分の中になる力を使おう。可能性を引きそう。・・・こんなお話をしました。

 みんながもらう”学校生活のあらわれ”には,そんなみんなの力がいっぱいに記されています。

”深く深く考えた子 友だちの話にしっかり耳を傾けた子 話し合いに進んで参加した子”「仲良くなろう」と呼びかけた子””間違っていたことについて優しく直してあげた子 進んで働いた子 困っている子を手伝ってあげた子 給食が終わると当番でなくても進んで片付ける子 誰よりも元気よくあいさつをした子  ”  等

 隠れていた力を存分に使っていた子がたくさんいました。みんなの頑張りをたくさん見付けることができてとても幸せでした。前期は今日で終わりますが,これからもずっと,皆さんの中にある"まだ隠れている力”を存分に使って さらに”なりたい自分に向かって”変身しましょう。」

  

 校長先生のお話に続き,1,3,5年生の代表の子が,前期に頑張ったことについて話しました。”練習してできるようになったこと”や”委員会活動を通して全校のために働いたこと”等について堂々と発表すると,聞いていたみんなも自分の取り組みについて静かに振り返っていました。

 式が終わると,読書感想文・理科研究,美術展の表彰がありました。壇上で渡すことができせんでしたが,他にも大勢の子が素晴らしい賞をとりました。賞状を持ち帰りましたら,お宅でもぜひ御覧になってください。

 一人一人が自分の目標に向かって精一杯取り組んだ前期の生活・・・持ち帰った成績表をかこんで,きっと家族で話がはずむことでしょう。頑張ったあらわれについて,精一杯ほめてあげてください!

 

 


2014年10月9日(木曜日)

陸上選手を励ます会

カテゴリー: - kne03 @ 18時03分24秒

思いよ届け!Do your Best!  

 昼休みに,”6年生陸上選手を励ます会”が行われました。下級生から心温まるプレンゼントと励ましの歌が贈られ,6年生からは大会に向けての決意の言葉が聞かれました。

    

 全校児童が体育館に集まり,5年生運営委員の司会で会が始まりました。5年生代表の言葉に続いて1年生から思いのこもったメッセージポスターが贈られると6年生の顔からは思わず笑みが・・・。みんなで「勇気100%」の歌を歌って気持ちをひとつにしました。  下級生からの心のプレゼントを受けて,6年生の選手からは種目毎に決意の言葉が・・・「自己ベストを尽くします。」「練習の記録を超えるよう頑張ります。」「練習の成果を生かして力いっぱい頑張ります。」等,力強い言葉が聞かれました。

  全校の”想いの風”を体に受けて,当日は素晴らしい記録を出してくれることでしょう!


2014年10月8日(水曜日)

2年生生活科「ハートをつなげよう」

カテゴリー: - kne03 @ 20時56分47秒

手紙の書き方教えてくれたよ

 10/8(水),2年生の教室に金谷郵便局の方が来てくださり,”はがきの書き方”を教えてくださいました。 

    

 金谷小学区の”自まんの場所”をたんけんした2年生・・・「お店のおじさんやおばさんと,もっとお話ししたいな。」という思いがいっぱいにふくらみました。自まんの場所のひとつの”郵便局”の皆さんが,みんなの願いをかなえるために来てくださいました。「届く人にきちんと伝わるように宛名を書いてね。」「どこの場所にあるのかすぐわかるために,郵便番号って大事なんだよ。」と丁寧に教えてくださいました。

「ちゃんと手紙が届くといいな。」・・・思いをこめて,一生懸命学んでいる子どもたちでした。

  


6年生ユーカリ学習(総合的な学習の時間)

カテゴリー: - kne03 @ 14時02分23秒

SLフェスタ,準備万端!

 10/11(土)のSLフェスタが,いよいよ間近にせまってきました。本番を前にして,6年生全員が全校のみんなに向けて,発表のリハーサルを行いました。下級生を前に”どうしたらみんなにわかりやすく伝わるか”、繰り返しながらよりより説明の仕方を工夫していました。

      

 体育館前に本番通りにコーナーを設けた6年生,かわいいお客様を前に早速説明を始めました。

 「茶祭りグループ」は、あでやかな茶娘がお出迎え。お茶にこめた伝統の重みと実りへの感謝を伝えています。「志戸呂焼きグループ」は,お借りした大切な茶器でお手前を披露。お茶の香りに包まれながらの説明なら,伝統工芸の素晴らしさもしっかり伝わることでしょう。「SLチーム」はかわいいマスコットがお出迎え。大井川鉄道の”顔”蒸気機関車の登場に,当日来たお客さんもきっと大喜びでしょう!その他のグループも大きな模造紙を用意したり、看板を持って会場を回ったりして,”金谷のよさ”を伝えようと一生懸命頑張っていました。

 全校のみんなを前に手応えをつかんだ6年生・・・本番へ向けてやる気がますます膨らんだようでした。

 

 


2014年10月3日(金曜日)

清掃の時間

カテゴリー: - kne03 @ 12時20分40秒

力を合わせて 学校をきれいに

 昼休みが終わり清掃の時間になると、子どもたちは足早に分担場所に向かい,仕事に取りかかります。指導されたやり方にもう一手間付け加え,工夫してもっともきれいになる方法で取り組んでいます

   

 手洗い場で大変なのはせっけんかすです。たまりそうな場所を重点的に。せっけんかすだから、せっけんは使えません。たわしでごしごし磨きます。

 靴箱でよくほこりがたまるのが、棚の上の部分。上から始めて下に下にふいていくのがコツのようです。

 理科室や家庭科室は、机・黒板・洗い場に床と、きれいにする部分がとてもたくさん。みんなで分担して進めます。

 ホールや空き教室できれいにするのは、広い床。”掃き残し・拭き残し”がないよう、各自が分担する場所を重ねて掃除・・・”のりしろ”という言葉の意味が、ここには活きています。

 黙々と清掃する子どもたち・・・その心の内側には、”みんなが使う学校だから みんなのためにきれいにしよう”という気持ちがあふれています。毎日の掃除でねばり強さと優しさが育っている・・・そんな思いで、ともにほうきを動かしています。

 


36 queries. 0.109 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress


Powered by XOOPS ◇ Desinged by OCEAN-NET