サイト内検索 

メインメニュー
金谷小学校ニュース
アクセスカウンタ
今日 : 189189189
昨日 : 469469469
総計 : 903858903858903858903858903858903858
金谷小学校カレンダー
前月2017年 3月翌月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
<今日>
金谷小学校最新ニュース
中学校区最新ニュース
金谷小学校月別過去記事

2014年9月30日(火曜日)

朝の風景

カテゴリー: - kne03 @ 21時07分09秒

みんな元気!

 朝の風景・・・いつもと変わりない、何気ない風景ですが、一人一人が希望を持ち、責任を感じながら生活している様子が伝わってきます。

        

登校リーダーの6年生  班の先頭に立ち,みんなを守って登校してきます。”今日も元気で過ごせるように。”

4年生は朝から元気よくオニごっご。

6年生の掲揚係は国旗と校旗を掲げます。”みんなを空から見守るように。”

落ち葉をはいてるボランティアさん。大変だね。秋が深まってきたんだね。

花瓶の水替え 花壇の草取り  小さな仕事に見えるけど、クラスを明るくしてくれます。

昇降口でおしゃべりする子  楽しいことが待ってるぞ! 今日も元気でがんばろう!

よくよくながめてみると、一人一人のドラマが見えてきます。そんな姿を胸に刻みながら,今日も精一杯頑張ろうと思う,そんな”朝のひととき”です。

 


2014年9月26日(金曜日)

1年国語

カテゴリー: - kne03 @ 08時11分10秒

 学年みんなで伝え合ったよ

 この日1年生は、国語で「けんかした山」というお話の授業に取り組みました。これまで挿絵をもとに場面の様子を想像する学習を進めたきた子どもたち・・・ここでも各々想像した場面を”お話カード”に描いて、学年全体の友だちと伝え合う授業をしました。

    

 体育館に勢揃いした1年生・・・今日の学習のめあてを確認した後,早速クラスの枠を越えて交流を始めました。

「ぼくは3の場面で作ったよ。読んでみるね。」「山がすごく怒っているのがわかったよ。」「読み方も上手だね。」等の感想を盛んに伝え合っていました。

 教室が違うと話す機会は少なくなりがち。こうした取り組みを通して,多くの子と進んで関わろうとする気持ちやわかりやすく話すことのできる力を育てています。


2014年9月25日(木曜日)

5年少人数指導

カテゴリー: - kne03 @ 09時50分00秒

一人一人に応じて・・・

 金谷小学校では、学年クラスをさらに細かいグループに分けて指導する”少人数指導”や1つのクラスを複数の教員で担当する”チームティーチング”に取り組んでいます。この日,5年生は算数「公約数・公倍数」の単元で少人数指導に取り組んでいました。

    

 最終的に身に付ける内容が同じでも、「公約数の意味をもう一度確かめたい。」「公約数・公倍数ってどんな時に使うのか知りたい。」「たくさん練習問題がしたい。」等,子どもの要求は様々・・・小集団の学習のよさはこうした一人一人の思いにより深く寄り添うことができる点です。「大勢の前で発表するのは勇気がいるけど,近くの子と話しながら勉強できるのでほっとする。」「先生が近くにいてすぐ質問できるのがうれしい。」等・・・子どもたちが充実感を味えることができる学びをめざして、これからも努力していきたいと思います。


2014年9月24日(水曜日)

6年生ユーカリ学習(総合的な学習)

カテゴリー: - kne03 @ 13時55分00秒

郷土の誇り”志戸呂焼き”

 「金谷のよさを伝えよう」というテーマに取り組んでいる6年生・・・今日は、志戸呂焼の窯元さんを尋ね、その歴史や特色について詳しくお話を伺いました。

      

  ここ志戸呂には6つの窯元があり、それぞれ

  • 遠州七窯志戸呂焼鳳悦窯 
  • 遠州志戸呂利陶窯
  •  彦次窯
  •  遊窯
  •  天真窯
  •  志戸呂焼                の銘のもと、

 伝統の技を生かしつつ、特色ある作品作りに取り組んでいらっしゃいます。今回訪れたのは、遠州志戸呂利陶窯の窯元、青嶋久史さん。快く迎えていただき、早速志戸呂焼の歴史や製法について教えていただきました。

 志戸呂焼は、ここ金谷の里に室町時代から伝わる由緒ある伝統工芸。この地で良質の陶土がとれたことから陶器づくりが盛んになり、江戸時代には家康公から朱印状を授けられるほどの”名器“として世に知られるまでになりました。現在も茶壺を中心に、赤みがかった地肌に黄色釉と黒釉を掛けた独特な味わいある作品を生み出しているそうです。

 青嶋さんの作品に向ける視線はとても厳しく、せっかく焼いた器でも、望む作風に達しなければ容赦なく捨ててしまうそうです。伝統の技を守る厳しい姿勢を目の当たりにし、自分たちがこれから引き継いでいくものの重みを感じたようでした。

 帰りには、”窯から直取り”のカップを貸していただき満足げな6年生・・・「いよいよ学んだことの集大成だ!」と意気込んでいました。


2014年9月22日(月曜日)

4年生高齢者疑似体験

カテゴリー: - kne03 @ 21時14分05秒

お年寄りの立場に立って 思いになって 

 9/22(月)、4年生の子どもたちがユーカリ学習(総合的な学習の時間)で取り組んでいる”福祉活動”の一環として、”高齢者疑似体験”を行いました。目・耳,手足にカバーやパッドをつけてお年寄りの体を体感・・・。日常の動作を行うなかで、”お年寄りはどんなことを感じているか” ”私たちはどう接すればよいのか”等について、考えを深めました。

 島田市社会福祉協議会の方から体験の趣旨について説明を受けた後,早速”高齢者疑似体験セット”を装着、体験を開始しました。

           

 景色がかすんで見える特殊なグラス、音を遮るヘッドホン,膝や足首には屈曲を妨げるパッドや重し、手には指先が余るような大きな軍手をつけました。 まず,ペットボトルのふたを空けたり財布からお金を取り出そうとしましたが、これだけでもう大変!キャップはつかめないし、財布はあけられない・・・小銭を数えるのもひと苦労です。次に、介助役の子に手を引かれ、廊下を通って階段を上り下りして教室まで歩きます。足が上がらず階段でつまずきそうになったり、怖くて壁伝いでないと廊下が歩けなかったり・・・普段何事もなくやっている動作に、大きな労力が必要なことが実感できました。

 体験を終えて、ふりかえりをする子どもたち・・・「お年寄りって思ったより大変な生活をしていることがわかった。」「介助してくれる人がいてくれると,本当に心強かった。」等の感想を持ちました。

 さらに,「体験を終えて僕たちは重しを脱ぐことができた。でも、お年寄りの方達は、体につけた重しを脱ぐことはできない。それどころか、重しはますます重くなるばかりだ。」「昨日できたことが今日できなくなるかもしれない。寂しくてつらいと思う。」「ペットボトルのふたを取ろうとしたとき、『大変でも自分でやろう』と思った。お年寄りもきっと自分の力で生きたいと思っているはず。代わりにやってやるのでなく、どんな支えになってあげたらいいだろう。」等々・・・お年寄りの思いに寄り添って、ともに生きていくにはどうしたらよいか・・・深く考える子どもたちの姿に、大きな成長を感じました。

  今回ボランティアをお務めいただいた保護者の方からは、「子どもたちの体験の様子を見て,私たちもお年寄りの気持ちになって接することの大切さを感じました。とても勉強になりました。」との感想をいただきました。お忙しい中,お手伝いいただき、ありがとうございました。 

 


6年生「ユーカリ学習」(総合的な学習)

カテゴリー: - kne03 @ 12時25分42秒

伝えよう!金谷の良さを

 10月11日(土)12日(日)に行われる「SLフェスタ2014」に、金谷小学校6年生が参加します。

 6年生は、ユーカリ学習(総合的な学習)で「金谷の良さを伝えよう」をテーマに学習を進めてきました。今回、「SLフェスタ2014」で学習の成果を発表することになりました。現在、その日に向け準備を進めています。

        

 

 茶まつりグループは、今日、地域の方に来ていただき、茶娘衣装の着方を教えていただきました。また、それと並行して、お茶の郷に、「お茶娘のしおり」のつくり方を教えていただけるよう依頼の電話をかけました。

その他、諏訪原城跡、石畳、金谷茶、大井川鉄道のSL、志戸呂焼きを紹介するグループに分かれ、それぞれ、準備を進めています。

 ぜひ、SLフェスタ2014に来ていただきたいと思います。  


2014年9月18日(木曜日)

2年音楽

カテゴリー: - kne03 @ 15時51分34秒

みんなでお囃子をつくったよ

 9/18(木)、2年3組の子どもたちが音楽の授業で、お囃子のリズムづくりをしました。メンバー一人一人が考えたリズムを組み合わせ、”お祭りっぽいリズム”にするために、みんなで工夫しました。

    

 「ハローの歌」で音楽が始まると、早速「村祭り」の斉唱。歌に続いて、一人一人工夫したリズムで手拍子をし、祭り気分を盛り上げます。今日のめあては、グループのメンバーが個々に作ったフレーズをつなげ,「お祭りっぽいリズムをつくりあげる」こと。早速,グループになって手拍子しながら工夫に取りかかりました。

 「”わっしょい”のところはかけ声だから、大きくしよう。」「そうすると、ばちの音のドンカカは小さくだね。」「最後は、ドン(ウン)にした方が、終わった感じがするよね。」等,体全体でお祭り気分が味わえるようなリズム打ちをめざして、楽しく一生懸命に工夫していました。


2014年9月16日(火曜日)

1年算数

カテゴリー: - kne03 @ 14時53分29秒

みんなで考えたよ”10より大きい数の数え方”

 9/12(金)の算数の時間、1年1組の子どもたちが「10より大きい数」の学習をしました。これまで数えたことのない大きな数の数え方について、互いに自分の考えを出し合って一生懸命考えました。

  

 黒板に掲示された絵には、たくさんの赤とんぼがとんでいます。「いったい、何匹いるんだろう。」「8匹や9匹ならすぐわかるけど、こんなにいては数えるのも面倒だし、間違えやすいね。」「いい数え方はないかな?」子どもたちは自ら疑問を持ち,早速工夫して数え始めました。

 「5と5と3に分けて,5と5で10じゃん。あと3で13になるよ。」「1,2,3・・・と数えて10でかこめばいいよ。」等々,次々に考えを出していきます。聴いている子も「そういうことか!」「わかったよ!ありがとう。」と温かい反応を返していました。  

”10より大きい数は、10のかたまりと1のばらに分けて数える”と教え込めば早いのでは?と思われるかもしれません。でも、”自分で発見する喜び”と”認められた喜びを味わうこと”こそ、学んだことを定着させる最大の力だと言えます。自信がつくことで、「勉強って大好き」と思える子どもに育ちます。回り道にも思える学びの姿ですが,そう信じてこれからも子どもたちとともに学んでいきたいと思います。


2014年9月15日(月曜日)

4年社会科見学

カテゴリー: - kne03 @ 15時51分06秒

考えよう!限りある資源

 9/12(金)、4年生が田代環境プラザへ社会科見学に行きました。増え続けるごみをどう処理しているか確かめるために,ごみ処理の工夫や苦労について真剣に学習しました。

    

 大井川をさかのぼり、第2東名の橋脚をくぐってバスに乗ること8キロ余り,”田代環境プラザ”までやってきました。この施設で、島田市内の可燃ごみの焼却や粗大ごみの始末等を一手に担っています。所員の方の説明を受けてから、いよいよ施設内部の見学です。パッカー車が運んでくる大量のごみをためる”ごみピット”・・・のぞきこむのも尻込みしそうな大きさに、思わす息をのむ子どもたち。ごみを熱して火山のマグマのようにどろどろに溶かすことを知って、ごみ処理の大変さを実感したようでした。建物の裏手には”給食残渣処理施設”があり、みんなの食べ残しの給食を発酵させ、肥料にしていることも知りました。リサイクルされているとはいえ、元はみんなの栄養になるはずのもの・・・「残さず食べないといけないな。」との感想を持ちました。

 見学を終えて帰校した4年生・・・これからは、教室で出るごみや給食の残量により関心をもって過ごすことでしょう。


2014年9月11日(木曜日)

算数ドリル学習”パワーアップ”

カテゴリー: - kne03 @ 10時19分18秒

”つける力”を確実に・・・

 先日、毎週火曜の朝学習”基礎タイム”の紹介をしましたが、今回は、木曜日の朝学習で取り組んでいる算数のドリル学習”パワーアップ”の紹介です。

  

 "パワーアップ”は、1年から6年まで内容別に要点をおさえたプリントが用意されており,自分でめあてを決め,自主的に学習に取り組むもの。朝の活動の時間になると,戸棚から必要な内容のプリントを選んで取りかかり、一枚やり終える度に自己採点をし、先生のチェックを受けます。 この取り組みのポイントは,今学習している内容に限らず,前学年や前々学年の内容にさかのぼって取り組むということ・・・それは,単に”習った事柄を復習する”という意味だけではありません。

  

 例えば,6年の「速さ」のわからない子がいたとします。そんな時,3年生「わり算」の「ひと皿分やひと箱分の数をもとめる」学習にまでもどることで,「ああ,そうか!1あたり(この場合は1時間あたり)の量(進む距離)を出せばいいんだ!」と納得できます。こんな学習ができるのも,全ての学年の内容が段階別に準備されている”パワーアップ”だからこそ。前の内容からもどって考えるのは骨の折れる仕事かもしれませんが、こうした学習を通して、子どもたちは確実に力を付けてきています。そんな子どもたちの頑張りを記録に残し、認めと励ましを行っていきます。

 これからも御協力をよろしくお願いします。


2014年9月10日(水曜日)

“フレンドリータイム"by友遊委員会

カテゴリー: - kne03 @ 17時05分12秒

手と手をつなぎ合って 

 昼休みに南庭で、友遊(ゆうゆう)委員会主催のなかよし集会”フレンドリータイム”が開かれました。

    

 今日の遊びは手つなぎオニ!友遊委員会のよびかけで集まった子どもたち・・・同じ色の学年帽子をかぶり、手をつないだまま広場に現れました。司会の子とジャンケンをして逃げる子とオニを決めると、広場に広がって手つなぎオニの開始です。どんなに逃げ回っても握った手はしっかり離さずに走り切り、楽しいひとときを過ごしました。

友遊委員会の皆さん、楽しい企画をありがとう!


2014年9月9日(火曜日)

朝の活動”基礎タイム”

カテゴリー: - kne03 @ 17時35分41秒

継続は力なり

 金谷小では、毎週火曜日、朝の活動の時間に漢字学習”基礎タイム”に取り組んでいます。毎回10問、読み仮名をもとに、既習の漢字の”書き”問題に取り組みます。集中して15分間取り組んだ後,自分でもう一度振り返りをします。とめ・はね・はらいがきちんとできているか、自分の弱点や間違いの傾向は何なのか・・・これからの取り組みのめあてをしっかりつかんで普段の学習に生かすようにしています。

  

 忍耐強さが要求される学習ですが、こうした取り組みから、単に漢字を覚えるだけでなく、”確かな力をもとめて努力しようとする心”も育てることをねらっています。

 同じねらいのもとに行われているのが,宿題での漢字練習です。保護者の皆様方には、いつも見届けをしてくださり、本当にありがとうございます。これからも御協力のほど、よろしくお願いいたします。


2014年9月8日(月曜日)

いじめ0集会

カテゴリー: - kne03 @ 15時05分50秒

”言葉で伝える”って大切なんだ!

 今日、本年度第2回目の「いじめ0集会」が行われました。1年生から6年生までの全校児童が集まって”自分も相手も大切にする話し方”について考えました。

  

 「自分ばっかり大切にして相手のことを考えない『ちくちくさん』、相手のことばかり考えて自分を大切にできない『びくびくさん』、自分も相手も両方大切にできる『ぽかぽかさん』、3種類のつきあい方があることを、もうみんな知っていますね。」・・・これまでの復習から始めた松山先生は、今日考える場面について、こう切り出しました。

「Aさんは、Bさんが『やめてよ。』と何度も言っているのに、いきなりたたいたりぶつかったりします。今日も、Bさんが廊下を歩いていると、後ろからいきなりぶつかってきました。Bさんは、やられたらやりかえさなくちゃ、と思ってAさんをたたきました。」

 よくありそうなこの場面・・・「Aさんは、そうするのが面白いからやってくるんだと思います。」「Aさんは本当は遊んで欲しいのに、そういうかかわり方しかできないんだと思います。」・・ちょっかいを出してくることしかできなかった子の気持ちを思いやって、何人もの子が進んで発言しました。

 「Aさんは、本当は遊びたかったんだね。でも、Bさんには、とっても辛かったんだよね。だから、やりかえしてしまったんだ・・・どうしたら、AさんもBさんも”ぽかぽかさん”になれるのだろう?みんなで考えてみましょう!」・・・松山先生の言葉かけで、全校の子どもたちが真剣に考え始めました。

    

 ワークシートに自分の考えを書いた後、友だち同士で意見交換をする子どもたち 「本当は、遊びたかったんだよ。今までわざとぶつかったりしてごめんね。」「こっちこそ、たたいたりしてごめんね。これからいっしょに遊ぼうね。」   Aさん・Bさんになり切って全校の前で役割演技する子たち。一人一人の発表が積み重なる度に、聴いているみんなの気持ちもほっこりしてくるようでした。

 

 今年で3年目を迎える「いじめ0集会」・・・小さな積み重ねかもしれませんが、子どもたちの心の中に”優しさの種”をしっかり根付かせていることを感じます。お家の方との会話のなかで”ぽかぽかさん”言葉がでてきたら、ぜひほめてくださいね!


2014年9月5日(金曜日)

9月読み聞かせ

カテゴリー: - kne03 @ 17時09分49秒

読書の「秋」 になりました

 今日は、低学年の読み聞かせがありました。少しずつ秋の気配が深まりつつあるこの頃、子どもたちは久しぶりに、本の世界にひたるしっとりとした雰囲気を味わっていました。

        

読み聞かせサポーターの皆様,お忙しい中,ありがとうございました。


2014年9月4日(木曜日)

昼休み風景

カテゴリー: - kne03 @ 20時10分47秒

支え合って なかよく

 「学校で楽しいことは?」と尋ねると、多くの子が「大勢の友だちと遊べること!」と、答えます。  今日の昼休みも、グランドに、中庭・南庭に、玄関前広場にと、様々な学年の子が集って遊んでいます。うまく技ができるよう、長くラリーが続くようにと、知らぬ間に励ましたり褒め合ったりしています。そんな姿に、おもわず頬がほころんでしまいます。

    

 ただの遊びに思えるけれど、実はこんな関係でいることがとっても大切!”勉強とは、つまずいたり失敗したりしながら自分を伸ばしていくこと”・・・そんな時,”励まし合える仲間”がいることは大きな支えとなります。思い切り遊びながら、人として大切な基盤を築いている・・・失敗したり衝突したりする子どもたちですが、そんな思いに寄り添いながら、ともに過ごしていきたいと思います。


図書ボランティア

カテゴリー: - kne03 @ 18時26分48秒

本に親しむ環境づくり

 昼休みに図書ボランティアさんが、図書室の掲示の模様替えをしてくださいました。

  

 図書室横の小さなスペースですが、春には花々が、梅雨の頃には雨だれが・・・季節を感じるディスプレイに、通り過ぎるたびに心がなごみます。季節感ばかりでなく、7月には「課題図書の紹介」もしてくださり、子どもたちの読書熱も一層高まりました。”読書の秋”を迎え、図書室へ足を運ぶ子の表情もますますほころんできているようでした。


2014年9月3日(水曜日)

★5年家庭科★

カテゴリー: - kne03 @ 18時47分13秒

ミシンにチャレンジ!

 

  

 

 5年生の家庭科では、夏休み前に「手縫い」の学習をしました。そして、今回、ミシンを使って、直線縫いで作る物を目標に、今日からミシンの学習を始めました。

 今日は、学習問題「ミシンの仕組みを知ろう!」に向けて、ミシンを観察し、動かしながらミシンの仕組みを見付け、最後は、ミシンの空縫いにチャレンジしました。見事ミシンの技術を身に付けた子どもたち、いったいどんな作品をつくりあげるのでしょうか?楽しみです!(^_^)

 


PTA・民生児童委員の皆さん

カテゴリー: - kne03 @ 18時45分32秒

子どもの安全を守って・・・

  

 夏休みが明けて4日目。今朝もPTAの方々、民生児童委員の皆さんが、通学路や校門に立ってくださっています。第2東名のインターや空港に向かう道路が交差する金谷小学校区・・・交通量も多く、トラックや自家用車がスピードを出して行き交っています。そんな環境の中、子どもたちに付き添ったり、「おはよう」と声をかけてくださったり、本当に感謝しています。元気に挨拶を返す子、ちょっぴり恥ずかしそうにする子等様々ですが、皆さんの優しさは全ての子どもの心に伝わっていると感じています。

 お忙しい中お手数をおかけします。これからも御協力のほどよろしくお願いします。


2014年9月2日(火曜日)

そうじ風景

カテゴリー: - kne03 @ 17時30分22秒

心をこめて・・・

 今日は、夏休み明け最初の普通日課の日。給食に清掃、5時限目の授業と、いつも通りの日課が始まりました。昼休みを終えると、子どもたちはそれぞれの分担場所に別れ、早速掃除を始めました。

    

 昇降口では、カーペットの下になって汚れていた床を拭いたりごみを拾ったり・・・廊下やホールでは、掃き残しがないように互いの分担場所を重ねてほうきやモップを使っています。6年生は1年生の子にお手本を見せながら、上手に道具が扱えるよう熱心に指導していました。

 汗をかきながら真剣に取り組む姿からは、「みんなのために進んで働く」思いやりあふれる気持ちが伝わってきました。

 


3年着衣水泳

カテゴリー: - kne03 @ 16時42分19秒

もしも服を着たまま水に入ったら・・・

 今日、3年4組の子どもたちが、着衣水泳を体験しました。普段着のまま深い水場に入ったらどうなるか・・・動きにくさや危険性を肌で感じるとともに、そんな時に身近な道具を使って、いかに身の安全を図るかについて学習しました。

    

 体育担当の松山先生の合図で、いつも通り「水中歩き→ふしうき→ばた足」と運動が続きます。ところが,「体が重い!」「動きづらい!」と多くの子からつぶやきが・・・。水を吸った衣服の重さは想像以上で、体を動かすたびに船の帆のようにはらんで大きな抵抗になってしまいます。「泳ぎができると思っても安心できないな。」と多くの子が実感したようでした

  

 でも、川遊びや海水浴でいきなり普段着のまま水に落ちてしまうことだってあります。「そんな時どうしたらいいだろう?」と疑問をもった後,松山先生からペットボトル(2リットル)を使って浮きをとる方法を教えていただきました。ラッコのように仰向けでお腹に抱えて体の力を抜くと、ぷかりと体が浮かびます。「もし誤って水に落ちてしまったら、こうしてペットボトルを投げて助けてあげるといいね。」・・・身近に起こりうる水の事故から身を守る心構えと方法について、しっかり学習しました。

 水泳シーズンももう少しで終わり・・・最後まで事故なく元気に過ごせるといいですね!


2014年9月1日(月曜日)

引き渡し訓練

カテゴリー: - kne03 @ 17時53分48秒

「いのちを守る」意識をもって・・・

 今日、引き渡し訓練が行われました。注意情報が発令され、避難指示が出されると、とても落ち着いた様子で体育館に集合しました。全員が訓練の意味をしっかりつかんで行動しました。

    

 「今日の集合はすばやく静かにできて、たいへん素晴らしかったです。・・・」体育館に集まったみんなに向かって校長先生は話し始めました。「生きているってとても素晴らしいこと!みんなには、これから楽しいことがたくさん待っています。すてきな毎日を未来を過ごすことのできる”命”を守るために行ったのが、今日の訓練です。『=おさない は=走らない し=しゃべらない =戻らない』がしっかりできていましたね。災害はいつ起こるかわかりません。これからも、この約束を守って行動してください。」と話しました。

 遠くの街路を過ぎる車の音だけが響いてくる静寂の中、全校の子どもたちは校長先生のお話をむねの奥深くにしみこませるように真剣に聞き入っていました。

 その後、各教室で、保護者の皆様のお迎えを待ちました。確認が済んでお家の人と手をつないだ子どもたち・・・みんな安心した様子で帰っていきました。

  

 保護者の皆様には、お忙しい中、引き渡し訓練に御協力いただき、ありがとうございました。 


52 queries. 0.127 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress


Powered by XOOPS ◇ Desinged by OCEAN-NET