サイト内検索 

メインメニュー
初倉小学校ニュース
アクセスカウンタ
今日 : 255255255
昨日 : 351351351
総計 : 770142770142770142770142770142770142
初倉小学校カレンダー
前月2017年 3月翌月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
<今日>
初倉小学校最新ニュース
中学校区最新ニュース
初倉小学校月別過去記事

2013年10月8日(火曜日)

初小サポーターズ倶楽部

カテゴリー: - hke03 @ 15時44分01秒

 初小サポーターズ倶楽部(教育支援ボランティア)のメンバーである「初倉健康クラブ(代表:色尾東の福世さん)」の皆さんが、先週から本格的に活動を始めてくださっています。

 今日(7日)は、玄関付近と二宮尊徳像周辺の草取りをしてくださいました。見違えるほどきれいになりました。

 子どもたちのために、完全ボランティアでご奉仕いただいています。まさに学校が地域の皆様に支えられていることを実感します。


2013年10月7日(月曜日)

大盛況でした!

カテゴリー: - hke03 @ 11時36分39秒

 10月6日(日)、PTA恒例となった行事である「ふれあいバサー」が行われました。事前の準備から役員の皆様に大変お世話になりました。当日模擬店で販売する物を試作したり、4日(金)には遅くまで会場設定をしたりと、多くの役員の方々が尽力くださいました。

 さて、当日6日(日)は、10時前から多くの方々が並んでオープンを待っていました。そして、スタートと同時にお目当ての物を目ざして駆け込む姿もありました。両手に持ちきれないほど購入している方もいました。木工工作や輪投げ、くじ引きなどのコーナーもありました。買い物だけでなくいろいろな所で楽しんでいる親子や家族連れの姿が見られ、この日を楽しみにしていてくれたことをうれしく思いました。

 本部役員の方々を始め、ご寄付をいただいた多くの方々、地域の企業の皆様、そして、この日のためにいろいろご尽力いただいたみなさん、本当にありがとうございました。お疲れ様でした。収益金は子どもたちの教育のために有効に活用させていただきます。


2012年11月19日(月曜日)

そうじだいすき

カテゴリー: - hke02 @ 23時42分08秒

本校の清掃活動の合い言葉は、「そうじ だいすき」です。
だ…だまって
い…いっしょうけんめい
す…すみずみまで
き…きれいに
そうじをしようという合い言葉です。
自分達がお世話になっている学校を、美しい学校にしようという気持ちはとても尊いものです。
合い言葉を体現しているそうじの達人を紹介します。


2012年10月25日(木曜日)

ふくろうの会のみなさん ありがとうございます

カテゴリー: - hke02 @ 22時56分54秒

木曜日には、いつも「ふくろうの会」のみなさんが来校し、図書ボランティア活動をしてくださっています。子ども達が使いやすいようにと図書スペースを整備したり、本の修繕をしたり…校内や図書スペースに掲示してあるすてきな掲示物も図書ボランティアさんの手作りです。季節や行事などに関連した本の紹介や提案もしてくださっています。今日は、ハロウィンをテーマに、魔女や魔法に関係のあるおすすめ本コーナーをつくってくださっていました。ふくろうの会のみなさんのご活躍により、初倉小の図書スペースは、本の魅力があふれる人気スポットとなっています。


2012年10月19日(金曜日)

読み聞かせタイム

カテゴリー: - hke02 @ 20時04分11秒

金曜日の朝の読み聞かせタイムは、子ども達がとても楽しみにしている時間です。本への親しみ方は、いろいろな形がありますが、ドキドキしたり、感動したり、自分が今まで読まなかったような本に出会わせてくれる読み聞かせは、子ども達の本の世界をとても広げてくれます。どの教室でも、本の世界に夢中になっている子ども達の姿があります。読み聞かせボランティアのみなさん、いつもありがとうございます。


2012年10月14日(日曜日)

伝統息づく初倉-旧初-

カテゴリー: - hke02 @ 19時15分13秒

旧初地区に270年ほど前から伝わっているという「おせん女踊り」を見ることができました。今回は新しくなった由来碑の除幕式も併せて行われていました。そんな素晴らしい歴史のあるおせん女踊りは、観ている私達をあたたかく包みこみ、とても幸せな気持ちにさせてくれる舞でした。「いっしょうけんめい練習したんだよ!」「ここの振り付けが気に入っているんだ!」と教えてくれた子ども達。その表情はとても誇らしげで清々しかったです。小若衆の太鼓や御輿のお引きも素晴らしかったです。


2012年10月13日(土曜日)

伝統息づく初倉-谷口-

カテゴリー: - hke02 @ 18時57分02秒

「私達6年生は最後の踊りだから、先生見に来られる?」子ども達から声をかけてもらい、谷口地区のお祭りにお邪魔させていただきました。神前の奉納踊りが代々伝わっている谷口地区。その厳かで格式高い舞に心を奪われました。子どもを大切にし、地域を大切にしている様子がとても伝わってきました。小若の子ども御輿や金魚すくい、焼きイカ、輪投げなどの夜店もとても楽しかったです。


2012年10月8日(月曜日)

HPお知らせ

カテゴリー: - hke02 @ 21時45分44秒

後期からHP担当になりました児童生徒指導主任の梶原です。毎日見られる初倉小学校の子ども達のがんばりや素敵な表れをお伝えできればと思っております。地域のみなさんと共に子ども達を支えていきたいと願っています。よろしくお願いします。


2011年6月13日(月曜日)

★PTAリサイクル活動

カテゴリー: - hke02 @ 22時00分00秒

PTAリサイクル活動  

00maru-yel.gif運動会の延期の影響で、一週間延びたリサイクル活動でしたが、12日日曜日は、青空の下で作業を進めることができました。

00maru-yel.gif集荷場所の、大柳の桜井資源には、つぎつぎと新聞紙や雑誌が運び込まれました。担当の環境整備委員の皆さんや本部役員の皆さんが、笑顔の中で作業を進めました。

00maru-yel.gifビニール袋に包装されたままの雑誌は、きちんと袋から出しました。

00maru-yel.gifアルミ缶も、バケット2杯がいっぱいなるほど集まりました。

00maru-yel.gifPTAを始め地域の皆さんの御協力に感謝いたします。

00hosi_red.gifリサイクル活動の収益金は、純益で「121,727円」となりました。ありがとうございました。これに、補助金が加わりPTA事業収益金となります。(6月15日付記)

0230613-sigen001.jpg 0230613-sigen002.jpg

0230613-sigen003.jpg 0230613-sigen004.jpg

0230613-sigen005.jpg 0230613-sigen006.jpg

0230613-sigen007.jpg 0230613-sigen008.jpg

 


2011年5月7日(土曜日)

★キャベツ畑で(3年生理科)

カテゴリー: - hke02 @ 06時46分23秒

キャベツ畑で (3年生理科)  005kodomo_koi1_50.png

00musi-musi1.gif3年生のキャベツ畑に行きました。キャベツが大きく育っています。でも、このキャベツ、人が食べるためではありません。近くに寄ってキャベツを一枚一枚見てみると・・・いました、モンシロチョウの幼虫です。キャベツを食べています。モンシロチョウの幼虫とよく似た虫もキャベツにはいます。モンシロチョウの幼虫の見分け方は、体に毛が生えている所です。

0230506-monsiro-yotyu101.jpg 0230506-monsiro-yotyu102.jpg

0230506-monsiro-yotyu201.jpg 0230506-monsiro-yotyu202.jpg

00sc_engrm-s5.jpg00title-hitokoto2.png

00musi-musi1.gif幼虫の体をよく見てみましょう。

1,体には、毛が生えています。

2,黒い点てんがあります。

3,白い点てんもあります。

4,体の横に黄色の線があります。

5,黄色の線に重なって、茶色の丸い点があります。

6,体が、洗濯機の排水ホースのように、しわしわになっています。

0230506-monsiro-yotyu203.jpg 0230506-monsiro-yotyu204.jpg

00asi_grn.gif茶色の点は、呼吸(こきゅう)をする穴(あな)です。モンシロチョウは、こん虫の仲間です。こん虫は、体の横に、気門(きもん)という穴があってそこで呼吸をしています。

00asi_grn.gifモンシロチョウは、骨がありません。私たち人間は、体の中に骨を持っています。内骨格といいます。でも、こん虫は、外骨格といって、体の外がヨロイのような、かたい骨になっていて、それで、体を守っています。人間は、死んでしまうと、骨だけのガイコツになり体の形は残りません。でも、こん虫は、外骨格ですから、死んでも、体の形が残るのです。こん虫の標本ができるのは、外骨格だからです。

00asi_grn.gif人間が、簡単に太ったりやせたり自由にできるのは、内骨格だからです。モンシロチョウは、成長して太ると、体の外に骨があるので、じゃまになります。それで、外側の外骨格をぬぐ必要があります。それが、脱皮です。人間が外骨格だったら、太るごとに皮をぬがなくてはなりません。と、考えると、内骨格は、便利だと思います。でも、こん虫が外骨格を選んだのは、敵から身を守るためなのでしょうね。

00asi_grn.gif子どもたちに、外骨格を教えるのは、難しいですが、なぜ人間は、脱皮しないのにコン虫が脱皮するのか、不思議に思う子もいるのではないでしょうか。「昆虫だから脱皮するんだ。」という説明で終わるのではなくて、そんな疑問を持っている子には、外骨格の話をしてあげると、もっと理科が好きになってくれるのではないでしょうか。

00asi_grn.gif体の気門は、外骨格の「カラ」に、呼吸するための、穴を開けているのです。外骨格のために、穴を開ける必要があるのです。そして、しわしわの原因も、外骨格だからです。

00asi_grn.gifモンシロチョウの幼虫を持ってみると、やわらかいですが、実は、あれでも、固いカラなのですね。人間的には、皮くらいだと思いますが。

00asi_grn.gif本で読んだのですが、ハチなどの昆虫が素早く羽ばたけるのは、羽のそばに気門があって、大量の酸素を即座に取り込めるからだそうです。すごい速さで羽ばたくハチですが、確かに、口から酸素を吸っているのでは、まにあわないのでしょう。筋肉のすぐそばに、気門という穴を開けてそこから酸素をとりこむなんてすごい発想の進化ですね。

00asi_grn.gifたかが、モンシロチョウの幼虫ですが、その脱皮一つ考えてもいろいろな秘密につながっていきます。


2011年5月3日(火曜日)

★初ツバメ

カテゴリー: - hke02 @ 06時27分54秒

初ツバメ・・・   005kodomo_koi1_50.png

00maru-pink.gif連休前の4月26日に、ツバメを見ました。これが今年の初ツバメです。まだ、風に肌寒さがある頃だったので、もうツバメがやってくるんだなあと、驚きました。季節の移り変わりは早いですね。

00maru-pink.gif初倉は、田園地帯なので、田畑の上を何度も飛んで、虫を捕らえていました。遠くの空にいたかと思うと、突然、学校の校庭を横切りました。その後、2年・3年棟の南側にある花壇の上を飛んでから、どこかに飛び去っていきました。素早い動きで、とてもいい写真が撮れませんでしたが、とりあえずツバメらしき姿がちょこっと映っていました。

00maru-pink.gif学校では4年生の理科でツバメのことを学習します。ツバメはだれでも知っていると思って授業を進めると、以外に知らない子が多いので、きちんと理解させるのに苦労します。興味がない子どもにとっては、ツバメもスズメも同じなのでしょうね。また、最近は、ツバメがやってきて家に巣をつくらなくなってきたこともあるのでしょうか。子どもたちに、意識的に空を見て観察するよう指導しないと、ツバメのことはぜんぜん知らずにすごしてしまう子もいます。

00sc_engrm-s5.jpg00title-hitokoto2.png

00asi_red.gifツバメは渡り鳥です。春にやってきて、夏の間日本にいて、ひなを育て、秋に南の国(東南アジア・フィリピンあたりのようです)に渡っていくので、夏鳥といいます。つまり、夏の間日本にいるから夏鳥です。

00asi_red.gifツバメの羽は三角になっていて非常に速く飛ぶことができます。一瞬にして向きを変えることができます。また、空中で静止するホバリングもできる鳥です。

00asi_red.gifこの写真のツバメ以外にも、背中の尾羽の付け根あたりが赤いコシアカツバメや、小ぶりで背中の尾羽の付け根が白いイワツバメなどがいます。特に、イワツバメは、昔は、崖に巣を作っていたのですが、最近は、都会のビルや駅にも巣を作っています。

0230502-tubame01.jpg 0230502-tubame02.jpg

0230502-tubame03.jpg 0230502-tubame04.jpg


2011年4月29日(金曜日)

★理科室前の池で(カワラヒワ)

カテゴリー: - hke02 @ 00時00分00秒

理科室前の池で(カワラヒワ)

00asi_red.gif2年生の教室から、窓越しに、理科室前の池を見ていると、スズメくらいの大きさの鳥もやってきました。飛び方が、スズメとは違います。それに、羽の先が少し黄色です。これは、どうやら、カワラヒワのようです。やはり、初小には、カワラヒワが何匹か暮らしているようです。水辺は、彼らの休息場所らしく、かわるがわる水浴びをしていました。そこにシロハラがやってくると、カワラヒワは、すぐに逃げますが、近くにいてシロハラの様子をうかがっています。野鳥の世界では、大きな鳥が強いですね。さて、この場所は、側溝の水が流れ込む場所になっていて、深さが浅く、水浴びをするのに絶好の場所のようです。

0230430-hiwa01.jpg 0230430-hiwa02.jpg

0230430-hiwa03.jpg 0230430-hiwa04.jpg

0230430-hiwa06.jpg 0230430-hiwa05.jpg

00asi_red.gifそのうちスズメもやってきました。遠くから見ると、カワラヒワにも見えますが、やはり、姿がちょっと違います。

00asi_red.gif理科室前の池には、短い時間にいろいろな野鳥が、やってきて、かわるがわる水浴びをしていきました。野鳥にとっての楽園になっていました。

0230430-suzume01a.jpg 0230430-suzume02.jpg


★理科室前の池で(シロハラ)

カテゴリー: - hke02 @ 00時00分00秒

理科室前の池で(シロハラ)

00maru-blu.gif子どもたちが帰り、先生達が家庭訪問に出かけた暖かな午後。校内を歩いていて、ふと理科室前の池を見ると、野鳥が来ていました。

00maru-blu.gif大きさは、ヒヨドリくらいですが、ヒヨドリのように「ヒーヨ、ヒーヨ」と鳴くわけでもなく、ヒヨドリ特有の白と黒の色ではありません。茶色っぽいので、ツグミかと思いましたが、シマシマがありません。全体が茶色で、おなかが少し白い色です。調べた所、シロハラではないかと思いました。

00sc_enred-s5.jpg00title-hitokoto2.png

00asi_red.gifシロハラは、冬鳥です。つまり、冬に日本にやってきて冬越をし、夏は北のロシアなどに行って子育てをする鳥です。ずっと、初小に住んでいるのではなくて、日本に来ている間、初小に住んでいるのでしょう。周りが木に囲まれていて、水場があるのがとても住み心地がいいのかもしれません。

0230430-siro01.jpg 0230430-siro02.jpg

0230430-siro03.jpg 0230430-siro05.jpg

0230430-siro06.jpg 0230430-siro04.jpg


2011年4月26日(火曜日)

★ハナミズキのふしぎ

カテゴリー: - hke02 @ 16時01分24秒

ハナミズキのふしぎ

00sc_engrn-s5.jpg00title-hitokoto2.png

a-enpitu_b.gifさて、隣には、ピンクのハナミズキの木があります。白よりちょっと遅れ気味の開花です。ピンクのハナミズキの木を見ていて、ふしぎな花びらを見つけました。まんなかのオシベとメシベを、4枚の花びらが、ふんわり包んでいるのです。観察するうちに、それが、つぼみが開いていく途中の花びらだと気づきました。こんな咲き方をする花は、ハナミズキ以外に見たことがありません。実は、もう一つ気づいたことがあります。ハナミズキの花びらは、よく見ると、先がすこしへこんでいるのですが、そのへこんでいる部分が、どうやら一番最後までくっついていた所のようです。なるほどハート型の花びらのわけが分かりました。

0230425-mizuki11.jpg 0230425-mizuki07.jpg

0230425-mizuki08.jpg 0230425-mizuki09.jpg

0230425-mizuki06.jpg 0230425-mizuki10.jpg


★ハナミズキの木の下で

カテゴリー: - hke02 @ 10時14分35秒

ハナミズキの木の下で

a-enpitu_g.gif白いハナミズキの木の下で、低学年の子どもたちが一輪車で遊んでいます。乗り始めだから、まだまだうまくいかないけれど、子どもたちの吸収力はすばらしいもので、すぐうまくなります。

a-enpitu_g.gif一輪車も自転車も、危ないからといって、やらせないというのでは、いつまでたってもできません。一輪車に限らず、最近の子育ては、子どもたちが乗り越えいくべきことを、どんどん取り除いているように思えてきます。それでは、新しいことに出会った時、一人で解決できる子どもには、育たないなと思います。子どもは、失敗しながら大きくなるものです。ひとりだちできる子どもを育てるためには、学校も親も大きな心で見守りたいものですね。

a-enpitu_g.gif一輪車で遊んでいる子どもたちには、ガラスのドアの前ではやらないことをお話ししています。一輪車がころびそうになる時に飛び降りると、一輪車がバーンと飛んでいくので、危険だからです。ルールを守って、練習に励んでいる子どもたちです。

0230425-mizuki03.jpg 0230425-mizuki02.jpg


2011年4月22日(金曜日)

★赤いレンガの風景

カテゴリー: - hke02 @ 22時44分28秒

赤いレンガのある風景

00poos_kesigomu-s5.jpg00title-kyono1nen2.png

00asi_red.gif赤いレンガの敷いてある通路で、1年生が、満開のパンジーを描いていました。なんだか、とてものどかな風景です。そして、描いている1年生は、一生懸命で、まじめです。パンジーを描いている1年生を見ながら、そういえば・・・と、ふと思い出しました。

00asi_red.gifこのパンジーをくださったのは、谷口の松浦さんです。松浦さんが子どもたちを思って卒業式に合わせて大切に育ててくださったものです。それを、業務員のHさんが、毎日、花摘みをし、水をかけ、ここまで育ててきたものです。4月になり、1年生が入学してきました。入学式を飾ってくれたのも、パンジー花です。そして、今日は、子どもたちの絵の材料となりました。松浦さんのおかげで、パンジーの花に囲まれた初倉小学校には、やさしい心が育っていると思いました。

0422-1102.jpg 0422-1101.jpg

0422-1103.jpg 0422-1104.jpg

00asi_red.gif赤いレンガを見下ろす、屋根の上には、セキレイ(ハクセキレイ)が来ていました。野鳥もやってきて、時々、遊んでいる赤レンガです。

0422-seki01.jpg 0422-seki02.jpg

00asi_red.gif赤いレンガのあるグリーンステージの横には、理科室があります。今日は、6年1組が、「ものの燃え方」の学習をしていました。6年1組は、みんなよく手をあげていました。教えているのは、S先生。とても、楽しい話のなかで、リズミカルに進んでいく、S先生の理科の授業です。楽しいから、発表も弾みます。でも、6年生の理科の実験は、危険がともないます。細いガラス管に入った検知管を使い二酸化炭素の量を測定します。ふざけることは許されません。楽しい中にも、規律のある授業が行われていました。真剣に取り組む姿に、6年生の成長を感じました。

0422-6101.jpg 0422-6102.jpg

00asi_red.gif赤いレンガのある通路、この付近は、グリーンステージと呼んでいます。


2011年4月17日(日曜日)

★はなのの ののはな

カテゴリー: - hke02 @ 00時00分00秒

はなのの ののはな(マメ科の植物)

00hana-ani-red.gifハナズオウ

このあいだ、わからなかった赤紫色のつぼみだった花が咲きました。そして、名前がわかりました。「ハナズオウ」です。木に直接花が咲いているのに、これでもマメ科だとか。豆のさやがつくそうです。不思議ですね。でも確かに、花をアップにしてみると、マメ科の花独特の形をしています。

0230415-hanazuo01.jpg 0230413-hanazuo2.jpg

00hana-ani-red.gifカラスノエンドウ

マメ科の雑草と言えば、カラスノエンドウ。学校の花壇や畑にいっぱい生えてきました。アップにしてみると、ハナズオウと同じ形をしているのがよくわかります。

0230413-karasunoendo1.jpg 0230413-karasunoendo2.jpg

00hana-ani-red.gifスズメノエンドウ

カラスノエンドウの花は、目立つけど、このスズメノエンドウは、なかなか気がつきません。でも、カラスノエンドウと同じくらいあちこちにはえています。やはり、アップにしてみれば、マメ科独特のかたちをしています。カラスより小さいからスズメなんでしょうね。指の大きさと比べてみてください。

0230413-suzumeendo01.jpg 0230415-suzumeendo4.jpg

0230413-suzumeendo02.jpg 0230413-suzumeendo03.jpg

00hana-ani-red.gifスイートピー

今年は、職員室前に、スイートピーを植えました。真っ赤な花が咲き始めました。事務職員のHさんOさんに、飾ってもらえるかな。エンドウとよく似ていて、花の色がついたのがスイートピーみたいなものですから、もちろんマメ科です。マメ科は、同じところに来年またマメ科の植物を植えると、育ちが悪くなるのでそれがちょっと困ります。でも、とてもきれいだから、来年は、プランター栽培かな。ちなみに、スイートピーと言えば、赤いスイートピーという歌が有名ですが、歌が売れた当時、まだ赤いスイートピーは、なかったという話がウィキペディアに載っていました。品種改良はどんどん進みますね。シクラメンの香りという歌が有名になってから、香りのあるシクラメンが品種改良されましたし・・・。

0230415-0si01.jpg 0230415-0si02.jpg

 

はなのの ののはな(ハコベ)

00hana-ani-red.gifハコベとオランダミミナグサ

ハコベは、ごく普通にある花です。でも、花が小さくて、目立たないので、あまり気にしてもらえない花ではないでしょうか。でも、ある本を読んだ時、「星の花」というすてきな名前をつけていました。まさに、野の花の代表といえるハコベのことを、もっとみなさんに知ってもらいたいです。ハコベによく似た花に、オランダミミナグサがあります。二つを並べてみると、ハコベの花の方が、小さいけれど、花びらが多いことがわかります。オランダミミナグサは、花びらが5枚です。しかも、オランダミミナグサは、ほとんど、開いていないことが多いという変わった花なのです。

0230413-hakobe1.jpg 0230413-hakobe3.jpg

0230413-hakobe4.jpg 0230415-mimina-01.jpg

※ 花びらが5枚で、花の大きさが大きいのが、オランダミミナグサ。ハコベは、花びらがもっと多いです。上2枚が、ハコベの写真です。右下は、閉じているオランダミミナグサ。左下は、2つの比較です。


2011年4月16日(土曜日)

★はなのの ののはな(4月15日)

カテゴリー: - hke02 @ 04時18分39秒

はなのの ののはな (4月15日)

00hana-ani-red.gif「スミレとアリ」というお話が、2年生の国語に載っています。先日、スミレの話が出たとき、「学校にはなかなか生えていないんですよね。」と、去年2年生を教えたK先生が言っていたで探してみました。すると、今日、運動場を歩いていると、偶然見つけました。学校にも生えているのですね。スミレとアリが協力して生活する話は、大人が読んでも興味深い話です。子どもたちに聞いてみたらいいと思います。

0230415-sumire01.jpg 0230415-0su05.jpg

0230415-sumire03.jpg 0230415-sumire02.jpg

00hana-ani-red.gifタンポポには、数種類あって、本校には、セイヨウタンポポが多いです。見分け方は、「ガク」です。写真のように「ガク」が、うしろに反り返っているのが、セイヨウタンポポです。ニホンタンポポは、数が少なくなりました。初倉小では、生えていないかもしれません。タンポポの綿毛も、きれいに開いていました。

0230415-tanpopo02.jpg 0230415-tanpopo01.jpg

00hana-ani-red.gifネモフィラ

業務員のHさんが、古いネモフィラの種を見つけたので、昨年秋に蒔きました。でも、種は、日にちがたつと、発芽しなくなります。種によっては、1年で全然芽が出なくなるものもあります。ネモフィラは、全然発芽しなくて、ほんの数本だけ大きくなりました。せっかく大きく育ったので、植えたそうです。さて、このネモフィラですが、とてもきれいな青い色をしています。3月の終わりに、咲き始めましたが、今は真っ盛りです。赤レンガの花壇にちょこっと咲いています。

0230415-nemofira02.jpg 0230415-nemo01.jpg

00hana-ani-red.gifケヤキ

元気な緑色に変身しました。まだ、この時期は、葉の緑もどちらかというと黄緑に近く、若々しい色をしています。新しい1年が始まった学校と合います。右が、4月3日のケヤキです。ずいぶん変わりました。

0230415-keyaki.jpg 0230403-keyaki1.JPG

00hana-ani-red.gifジャーマンアイリス

ケヤキの木の周りは、水を吸われてしまうせいか、すぐかわいてしまいます。水はけがとてもよい所に咲く、ジャーマンアイリスを、業務員のHさんにおすすめしてみました。ジャーマンアイリスは、普通の花と違って、乾燥してないと枯れてしまいます。うまく、根付いてくれるとよいのですが。

0230415-zyamanairisu.jpg 0230415-iris02.jpg

00hana-ani-red.gifミツバツツジ

三つ葉ツツジの名の通り、花が終わると、三枚の葉がでてきました。葉がないと、三つ葉の意味がわかりませんね。あんなに咲いていた花がうそのようです。

0230415-mituba01.jpg 0230415-mituba02.jpg

00sc_engrm-s5.jpg00title-hitokoto2.png

★花がさいていた時のミツバツツジとくらべてみてね。

0230402-mituba1-s.jpg 0230402-mituba2-s.jpg

00hana-ani-red.gifサツキ

サツキを変換すると、五月、皐月、となります。5月の花です。ゴールデンウイークは、どこの公園に行ってもサツキやツツジが満開です。咲き始めたのは、濃いピンクの種類。いつもおなじみ、二宮金次郎像の前です。

0230415-satuki01.jpg 0230415-satuki02.jpg

00hana-ani-red.gifモミジ

職員室前のモミジも、葉を茂らせて、緑が濃くなってきました。モミジの枝の先には、まだ、花が咲いています。

0230415-momizi01.jpg 0230415-momizi02.jpg

00hana-ani-red.gifペチュニア

昨年植えた青いペチュニアが、冬越しをして芽を出し、花が咲き始めました。夏から秋の花であるペチュニアが、今から咲くとなると、なんとも長寿命です。

0230415-0pe01.jpg 0230415-0pe02.jpg


★朝、たくさんの野鳥に出会います

カテゴリー: - hke02 @ 02時31分57秒

朝、たくさんの野鳥に出会います 

★朝、学校に行くと、野鳥に出会います。今日は、特にたくさんの野鳥に出会いました。

★最初は、カワラヒワです。体育館前のケヤキの木にいつも来ています。羽の黄色がトレードマーク。数羽で群れているときもあります。

0230415-kawarahiwa01.jpg 0230415-kawarahiwa02.jpg

★次は、ハト(キジバト)です。

かなり、人になれていて、電線に止まっていたら、その下を通っても逃げません。今日は、砂浴びも、余裕でやっていました。我が物顔で学校をすみかにしているみたいです。鳥は、砂嚢(さのう)という消化器官があって、その中には、文字通り、砂が入っています。胃の前にある砂嚢で、食べた穀物などを、こまかく、すりつぶして、食べています。

0230415-hato01.jpg 0230415-hato02.jpg

★定番のカラス。校舎の屋根や、電柱に来ています。

0230415-karasu01.jpg       0230415-karasu_01a.jpg

★ムクドリ

この鳥は、集団で来ます。今日は運動場の東の方に来ました。

0230415-mukudori01.jpg 0230415-mukudori02.jpg

0230415-mukudori03.jpg 0230415-mukudori04.jpg


2011年4月14日(木曜日)

★はなのの ののはな

カテゴリー: - hke02 @ 11時13分18秒

はなのの ののはな(4月10日の花と木)

★花壇に咲く花もすてきですが、初倉小の運動場には、たくさん野の花が咲き始めました。御紹介します。

★オオイヌノフグリ

この花を知ったときはなんてきれいだろうと思いました。たちどまり、しゃがんで野の花に目を止めないといけません。そんなところから、花を見る感性も、子どもたちを教えるのと同じ感性なのではないかと思います。さて、こんな小さな、わずか1センチくらいの花ですが、この青い色と白いいろのバランスはとても、魅力的です。めしべかおしべでしょうか、中心から2本出ているところがまたかわいいです。この2本が、フグリという意味につながっているようです。フグリという意味は、ちょっとここには書けませんので、調べてみてください。それに、花が、丸くなくて、花びらの形が微妙にアンバランスなのもおもしろいですね。 

0230413-inufuguri1.jpg 0230413-inufuguri2.jpg

0230413-inufuguri3.jpg 0230413-inufuguri4.jpg

★タンポポ

野の花の代表、タンポポが、運動場の東側にたくさん咲き始めました。のどかです。よくみると、小さなひげみたいなのがたくさん見えます。先端が、めしべ、その下がおしべで、花びら1枚が1つの花になっているのです。だから、この一本一本が一つ一つの種になり、綿毛を先につけて、風に乗って飛んでいきます。花びら一つ一つが花ですから、たくさんの花が集まって一つの花になっています。「頭花」と中学校では教え、キク科の花の特徴です。5年生で教えるアサガオより複雑な花です。では、綿毛は、どこにあるのかというと、この一本一本の根元に生えています。花が枯れるとそれが伸びてきて、綿毛のパラシュートができます。タンポポは、太陽を敏感に感じ取り、晴れた日に綿毛を空に飛ばします。そして、まわりに落ちたタンポポの種は、芽を出し子孫を増やしていきます。タンポポが集まって生えているのは、きっとそのせいですね。また、畑にひょっこり生えたタンポポは、その何年も前に、風に乗ってやってきた綿毛(種)が芽を出し、育ったタンポポだということになります。ちょっとロマンチックです。

0230413-tanpopo1.jpg 0230413-tanpopo2.jpg

0230413-tanpopo3.jpg 0230413-tanpopo4.jpg


2011年4月13日(水曜日)

★チューリップとノースポール

カテゴリー: - hke02 @ 03時47分17秒

 チューリップがゆれています、そしてノースポールも・・・

★雨上がりの花壇に、チューリップが揺れています。しばらく見とれてしまいます。遠くに桜の木が見えます。手前には、ドウダンツツジ。そして、チューリップの周りには、クリサンセマムノースポールが咲いています。やっぱり、春の花壇の王様は、チューリップだなあ。そんな、気がしてきます。このチューリップも、今年1年生が鉢植えにした、1球から何本も咲くチューリップです。かわいいピンクの花がたくさん咲くのがいいです。

0230413-tyuripu01.jpg 0230413-tyuripu02.jpg

★ところで、この花を育ててくれているのが、業務員のHさんです。Hさんは、業務員になって2年目の春を迎えました。花を作ったことがなかったので、昨年、初めて花の栽培したそうです。他の学校の業務員さんは、花作りのベテランさんばかりです。だから、花作りには心配も多かったでしょう。プレッシャーもあったでしょう。昨年の秋のこと、「春花壇に何がいいかねえ」、Hさんから相談を受けました。まっさきにノースポールがいいよと、アドバイスしました。それから、球根のチューリップもおすすめしました。春と言えばパンジーと思う方の中には、時々、ノースポールは・・・という方もいるのですが、とてもすてきな花だと思います。もちろん春の花の主役パンジーはすごい花ですが、ノースポールもばかにしてはいけません。集団で咲く迫力はとても魅力的な花にだと思いますし、他の花を引き立ててくれる花です。それに、種から蒔いて絶対失敗しない花のノースポールです。パンジーのように枯れた花の花摘みなどのお世話もいりません。植えっぱなしでオッケーです。

★Hさんは、9月に種を蒔いてから、きちんきちんと仕事をこなして、ノースポールの苗をとてもたくさんそだてました。そして、この花壇に、きっちりと縦横に線を引いて1本ずつ苗をうえました。25cm間隔にきちんと植えられた花は、Hさんの几帳面さを物語っていました。「先生25セン間隔にうえたよ。」苗が順調に育った12月、Hさんはうれしそうにそう話してくれました。(センというのを聞く職人だなと感じてしまいます。)

★そして、春。こんなに大きく育ってくれたノースポールやチューリップを見て、Hさんもとてもうれしそうでした。よかったです。月曜日には、この花壇のまわりで、3年生が、花の絵を描いていました。花もうれしかったでしょう。でも、Hさんもうれしかったでしょう。私も、とてもうれしかったです。「今年は、パンジーをそだててみようか」Hさんと相談しています。

0230413-tyuripu03.jpg 0230411-3205.jpg

★ちょっと横道へそれますが、クリサンセマムノースポールについてちょっと一言。クリサンセマムというのは、キク科のという意味です。だから、菊の花だって、クリサンセマムなんですね。また、ノースポールという名前ですが、今から20年くらいになるでしょうか、この花が、世の中にデビューして花屋に出回り始めた頃は、スノーボールなんていう名前がついていたりもして、すてきな間違いがほほえましかったです。私も、スノーボールのほうが、この花にあっているみたいな気がしました。なぜなら、この花、ボールみたいに丸く元気に大きく育って咲くからです。雪のボールみたいに花が咲くからスノーボールかなっと思いますし。ちなみに、ノースポールは、北極という意味です。クリサンセマムバルドーサムなんて名前もあります。この花、とても丈夫だと前に書きましたが、一つだけ欠点があります。それは、大きく育ってからの移植はできないという点です。ポリポットに苗がそだったら、さっさと植えるのがこつです。また、綺麗な花を見て、ちょっと一株こいで、他の所に植えようとすると、絶対枯れてしまいます。


2011年4月10日(日曜日)

★サクラ(春の花と木(4月10日))

カテゴリー: - hke02 @ 20時16分53秒

サクラ(春の花と木(4月10日))

★雨上がりの、今日4月10日は、とても暖かくなり、サクラも一気に満開になりました。春真っ盛りのサクラの様子をお伝えします。

0230410-sakura01.jpg 0230410-sakura02.jpg

★サクラの花の横には、よく見ると、葉の芽がついています。サクラの木には、花の芽と、葉の芽があります。そして、先に花の芽が育って花が咲くのです。(ソメイヨシノ)。冬の間がまんしてきた花芽が、一気に花開いたサクラは、本当に見事です。

 0230410-sakura03.jpg 0230410-sakura04.jpg

0230410-sakura05.jpg


★春の花と木

カテゴリー: - hke02 @ 00時00分00秒

春の花と木 (4月7日)

★4月7日の、初倉小学校の花と木をお伝えします。

★運動場の南のすみに。ハナニラがたくさん咲いていました。

これだけたくさんだと、存在感があります。長い間、ここで育っていたのでしょう。ハナニラは、数年植えっぱなしの方がいい植物です。

もう少しすると、隣のドウダンツツジの花が盛りとなるので、もうしばらくは、主役です。

0230407-h-hananira01.jpg 0230407-h-hananira02.jpg

★赤レンガを定点観測してみようと思います。

赤レンガの南端から、写真を撮りました。

左の写真が、北の方向を見たもの、右の写真が、西の方向を見たものです。

北の、ケヤキは、葉をつけ始め、下には、真っ赤なチューリップと、白いクリサンセマムノースポールが彩り鮮やかに咲いています。でも、まだ、メタセコイアは、葉を落としたままです。

西は、昇降口。ジャンボホールが見えます。そのとなりには、アメリカハナミズキがあります。花が待ち遠しいです。

0230407-h-renga01.jpg 0230407-h-renga02.jpg

★運動場東の鉄棒前のサクラの木を定点観測観測してみます。

サクラの花が咲き始めました。まだ、満開とは言えません。去年とは、春が遅れていることわかります。

サクラの花が散り終わると、春蒔きの花の種をまきますが、今年は、もう少し待った方が良さそうです。花の種は、月日ではなく、植物を見て蒔くと成功します。

ちなみに、マリーゴールドは、若干低温でも発芽するので、春風ルーム(温室)に、業務員さんが蒔いてあります。もう、本葉がのぞいています。

 

0230407-h-sakura01.jpg

★レンギョウです。

残念ながら、盛りを過ぎてしまい、もう、葉が出てきました。

花を見るのも、子どもたちを育てるのも、同じタイミングが大事ですね。レンギョウは、ほんの1週間くらいしかジャストタイミングがなかったように思います。

0230407-h-rengyo00.jpg


2011年4月4日(月曜日)

★春の花と木(4月3日)

カテゴリー: - hke02 @ 12時46分55秒

春の花と木 (4月3日)

★春の花と木(4月3日)

運動場を歩いてみました。

★サクラの花が咲き始めました。

運動場の東のフェンス沿いのサクラの花びらが開き、咲き始めました。

柳も緑色の葉を茂らせて元気です。

0230403-sakura01.JPG  0230403-yanagi01.JPG

★ドウダンツツジも咲き始めました。

運動場と、赤レンガのさかいに、ドウダンツツジが植えてあります。

ようやく、こちらも、ひとつふたつと、花が咲き始めました。

花といってもとても小さくて、花かどうかも見分けがつかないくらいです。

つり鐘の形をしています。

0230403-dodan01.JPG 0230403-dodan02.JPG

★ケヤキが元気になってきました。

赤レンガのケヤキの木も、葉をつけ、元気に成長を始めました。

鯉も元気に、泳ぎ始めました。

0230403-keyaki1.JPG 0230403-koi01.JPG

★フリージアが咲いていました。

このケヤキの木の下には、フリージアの花が植えあり、花をつけていました。

フリージアは、暖かい地方でないと、冬を越えられません。

静岡県の南、海に浮かぶ、伊豆大島での栽培が有名です。

ここ、お茶所の初倉も暖かいせいか、冬を越すことができています。

0230403-furizia1.JPG 0230403-furizia2.JPG

★星のような花のハナニラ

赤レンガを歩いて、昇降口まで来ると、コンクリートの割れ目にハナニラが咲いていました。

名前のように、葉をつまんでみると、ちょっと、においがします。

葉の形もニラによくにています。でも、たべられないそうです。

地味な花ですが、よく増えて、丈夫な花です。

0230403-hananira2.JPG 0230403-hananira1.JPG

★1年生が植えたチューリップが満開です。

1年生のベランダにある、鉢植えのチューリップが、満開です。

しかも、このチューリップは、房咲きです。

チューリップといえば、1つの球根に1つの花しかさかないものです。でも、最近の改良で、1個の球根からいくつも花が咲くようになりました。とてもボリュームがあってきれいです。

0230403-tyurip1.JPG 0230403-tyurip3.JPG

★チューリップを上から見ると、オシベが6本、花びらが6枚あります。

0230403-tyurip2.JPG

花びらが6枚と書きましたが、中に3枚、外に3枚あるのが分かると思います。

実は、外の花びらは、花びらではなくて、ガクだそうです。本物の花びらは、中の3枚だけだということです。同じに見えますが・・・ガクにもいろいろあるようです。


2011年4月3日(日曜日)

★春の花と木(4月2日)

カテゴリー: - hke02 @ 16時31分37秒

春の花と木(4月2日)

★学校にある花と木の4月2日の様子を紹介します。

★玄関の前には、カエデの木があります。

一週間ほど前には、まだ、ちいさな芽しかついていませんでしたが、芽がふくらんで、葉が出て、花が咲きました。

0230402-kaede1-s.jpg 0230402-kaede2-s.jpg

★花といっても、よくみなければわからないものです。アップにしてみました。

0230402-kaede3-s.jpg

秋になると、これが、ヘリコプターのような実をつけます。

 

★体育館前のケヤキも、葉を出し始めました。

空に丸く伸びています。葉がつくと、とても見応えがあります。

冬に落ちた葉は、集めて、腐葉土にしています。とても上質の腐葉土ができます。

0230402-keyaki-s.jpg

 

★ミツバツツジのピンクがあでやかです。

0230402-mituba1-s.jpg 0230402-mituba2-s.jpg

★ミツバツツジは、とても見ごたえのある花なので、サクラと同じように、日本中に名所があります。

★初倉小でも、ケヤキの木の下に咲いています。普通のツツジと違って、葉が出る前に花が咲きます。まるで、枯れ木に花が咲くように咲きます。そこが、サクラと同じように、枯れた木が復活したような驚きを感じるのでしょうか。

★昨年、4年生に理科を教えた時のことです。冬に葉が落ちた木を見て、枯れたと答える子どもが何人もいました。子どもたちは、見かけから、木が枯れたと思えるのでしょう。そこで、枝を観察して、本当は、芽をつけ、春を待っていることを確かめました。

 

★白いツバキです。体育館前のケヤキの下に咲いています。

0230402-tubaki1-s.jpg  0230402-tubaki2-s.jpg

 

★なんの花だっただろう。・・・調べ中。二宮金次郎の所にある木です。みきから、突然わいたように、つぼみをつけています。

0230402-hana1-s.jpg 0230402-hana2-s.jpg


2011年4月2日(土曜日)

★4月1日の運動場・サクラ

カテゴリー: - hke02 @ 01時00分00秒

4月1日の運動場・サクラ

4月1日(金)。平成23年度が始まりました。

初倉小学校の運動場では、子どもたちが楽しそうに遊んでいました。

とても、穏やかな、あたたかい一日でした。

サクラも、いよいよ咲き始めました。

4月6日の入学式は、サクラの花に包まれた入学式となりそうです。

0230401-kodomo1-s2.jpg 0230401-kodomo2-s.jpg

0230401-sakura01-s.jpg 0230401-sakura02-s.jpg

0230401-sakura03-s.jpg 0230401-sakura04-s.jpg


2011年3月31日(木曜日)

★準備整いました

カテゴリー: - hke02 @ 14時06分47秒

準備整いました

★今日は、3月31日です。明日は、いよいよ、4月1日。新しい職員の皆さんが来ます。

★事務室では、年度替わりの書類の整理を事務職員がしていました。この時期事務職員はとても大変です。

★下駄箱には、名前と、メッセージを貼りました。新任の職員のみなさんへの準備は、完了です。

★体育館へ向かう通路には、「ふくろうの会」の皆さんが、掲示をしてくださいました。

★あたらしくできる、ひまわり学級の準備も整いました。下駄箱や、新しい教室ができ、中もきれいになりました。

★運動場では、チューリップが満開です。

★ケヤキの木も、芽を出し始めました。

★アメリカハナミズキも、芽がふくらんできました。

1230331zyun-01.JPG

1230331zyun-13.JPG

1230331zyun-03.JPG

1230331zyun-04.JPG

1230331zyun-05.JPG

1230331zyun-06.JPG

1230331zyun-07.JPG

1230331zyun-08.JPG

1230331zyun-09_1.JPG

1230331zyun-10_1.JPG

1230331zyun-12_1.JPG

1230331zyun-11_1.JPG


2011年3月26日(土曜日)

★春の花だより

カテゴリー: - hke02 @ 20時07分18秒

春の花だより

★ 初倉小に咲く、春の花たちです。3月25日現在の様子です。

 サンシュユです。二宮金次郎像の前に咲いています。

1230325-hana-002.jpg

1230325-hana-001.JPG

 レンギョウ 黄色の花が、とても印象的です。桃の花とレンギョウを合わせると、春が来たという雰囲気になりますね。

1230325-hana-003.JPG

1230325-hana-004.JPG

 スモモ(プラム) もう咲くのですね、スモモの花。梅と桜の間に咲くんですね。駐輪場の横にあります。

1230325-hana-005.JPG

1230325-hana-006.JPG

 ダイコン 春の七草では、「スズシロ」として有名です。花が咲くと、筋っぽくなって、食べられません。

1230325-hana-007.JPG

1230325-hana-008.JPG

 ネモフィラ 2種類。和名の「ルリカラクサ」は、すてきな響きがしますね。

1230325-hana-009.JPG

1230325-hana-010.JPG

 春と言えば「菜の花」ですね。

1230325-hana-011.JPG

1230325-hana-012.JPG

 ブロッコリ 花が咲くと、ナノハナと同じ仲間だとよくわかります。

1230325-hana-013.JPG

1230325-hana-014.JPG

 チューリップ 1週間前は咲いていなかったのに、咲き始めました。

1230325-hana-017b.JPG

1230325-hana-017a.JPG

 ムスカリ と スイセンです。

1230325-hana-018a.JPG

1230325-hana-018b.JPG

 2年生の花壇にさく、ホトケノザです。春の七草のホトケノザとは、ちがいます。残念ながら、食べられません。

1230325-hana-019.JPG

1230325-hana-020.JPG


2011年3月21日(月曜日)

★ 椿の花が咲き出しました

カテゴリー: - hke02 @ 09時57分18秒

ツバキの花が咲き出しました

二宮金次郎像の後ろにある、ツバキの花が咲き出しました。

数は少ないですが、なかなか見応えがあります。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE


2011年3月20日(日曜日)

★東北でも咲いているかな

カテゴリー: - hke02 @ 04時56分42秒

マンサクの花です

マンサクの花。糸のような形をしている花です。

二宮金次郎像の後ろに咲いています。

まず咲く、まんずさく、という東北なまりから来たとも言われますし、たくさん咲くから万咲くという所から来たとも言われます。

とにかく、これが、花かと思いますが、春一番の花ですね。

もう、盛りを過ぎてしまった、本校のマンサクですが、東北の雪の中でも咲いているでしょうか。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE


2011年3月18日(金曜日)

★菜の花が咲き出しました

カテゴリー: - hke02 @ 11時25分52秒

菜の花が咲き出しました

 1年生のベランダに、菜の花が咲き出ました。

菜の花に囲まれ、1年生が縄跳びをしています。

明るい春がやってきています。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE


2011年3月17日(木曜日)

★ハクモクレンの花がさきました

カテゴリー: - hke02 @ 16時55分34秒

 ハクモクレンの花が咲きました

運動場の校舎の間に、ハクモクレンの木が2本あります。

冬の間、つぼみだった花が、一気に咲き始めました。

見上げてみると、クリスマスツリーのような、ソフトクリームのような、感じです。

そんな中を、子どもたちが、登校してきます。

すがすがしい朝です。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE


2011年3月15日(火曜日)

★松浦さんパンジーありがとう

カテゴリー: - hke02 @ 00時00分00秒

松浦さんパンジーありがとう

 谷口にお住まいの松浦さんが、鉢植えのパンジーを「58鉢」も持ってきてくださいました。毎年、毎年、初倉小学校の子どもたちのために、いただいております。本当にありがとうございます。

 いただいたパンジーは、大切に育てて、卒業式を飾るのに使わせていただきます。

 ところで、パンジーの種を蒔く昨年8月は、高温が続きました。農家の方から野菜や花の種から芽が出なかったと聞きます。パンジーの種も、高温では芽が出ませんから、きっと大変な御苦労をなさったと思います。しかも、この時期に、株周り30cm以上もの大株パンジーを育てることは大変なことだったと思います。

 松浦さんは、苦労話は一切せず、「ちょっとおくれちゃってごめんね。」と言って花を置いて行かれました。頭が下がりました。松浦さんの御厚意に心から感謝したいと思います。

 松浦さんのような、心のあたたかな地域の皆さんに、初倉小学校の子どもたちは見守られ、支えられています。

 この心を、子どもたちにきちんと伝えていきたいと思います。

※ 色とりどりのパンジーです。卒業式用にと、明るい色の花を多めにくださいました。卒業式まで、グリーンステージで、育てる予定です。御覧ください。

1230311-hana00.jpg

1230311-hana01.jpg

1230311-hana02.jpg

1230311-hana03_1.jpg

1230311-hana05.jpg

1230311-hana07.jpg

1230311-hana09.jpg

1230311-hana06.jpg


2010年11月15日(月曜日)

★11月15日(月)秋、まっさかり

カテゴリー: - hke02 @ 18時04分04秒

★11月15日(月)秋、まっさかり                                                   

Exif_JPEG_PICTURE

2階の通路から見下ろすと、紅葉がきれいです。まさに、秋です。
ドウダンツツジもきれいに紅葉してきました。

Exif_JPEG_PICTURE                                              Exif_JPEG_PICTURE

 

ハナミズキを近くから見ました。紅葉がきれいです。ハナミズキは、春は、ピンクの花がさき、秋は紅葉して私たちを楽しませてくれます。

                               Exif_JPEG_PICTURE

 

赤レンガの大きなケヤキの木も、春に比べてずいぶん、赤や黄色の葉が多くなってきました。

 

                               Exif_JPEG_PICTURE

大きなメタセコイアも、春は、明るい緑にあふれていましたが、外の葉からだんだん黄色くなってきました。

<<ちょっとぞくぞくするメタセコイアの話>>

メタセコイアは、恐竜がいた時代(大昔)にも生えていた、生きた化石のような植物です。この、メタセコイアの林の中を恐竜が歩いていたと考えたり、草食竜が食べていたと考えると、ちょっとぞくぞくしてきます。また、メタセコイアは、針葉樹ですが紅葉します。普通、針葉樹は松のように紅葉しないものです。メタセコイアが、紅葉するのも進化していないせいでしょうか?これもぞくぞくします。

 


2010年4月1日(木曜日)

Web素材集

カテゴリー: - hke02 @ 22時57分43秒

本ホームページで利用しているwed素材は、「素材のプチッチ」さん、「1キロバイトの素材屋さん」、「子どもや赤ちゃんのイラストわんパグ」さん、からいただいております。

縦サイズは、50ピクセル以下にさせていただいています。これには、マイクロソフトオフィスピクチャーマネージャーを使っています。
まる 00maru-blu.gif 00maru-grn.gif 00maru-papl.gif 00maru-pink.gif 00maru-red.gif 00maru-yel.gif あし 00asi_blk.gif 00asi_grn.gif 00asi_pap.gif 00asi_red.gif 00asi_tya.gif 00asi_yel.gif 00hosi_blu.gif 00hosi_green.gif 00hosi_ki.gif 00hosi_pink.gif 00hosi_red.gif  00ball_baske.gif 00ball_soccer.gif 00ball_yakyu.gif

00musi-musi1.gif 00hana-ani-red.gif 

00koinobori-ani02.gif  00koinobori-ani03.gif 005kodomo_koi1_50.png 005kodomo_koi02_50.png 00koinobori01_1.gif 00syoku-kashiwamochi02.gif

00sc_0zigi-s5.png  00sc_engrn-s5.jpg  00sc_enred-s5.jpg  00poos_kesigomu-s5.jpg  00sc_engrm-s5.jpg  00poos_enpitub_50.gif 00poos_hasami_50.gif  00poos_konpasu-s5.jpg 

00car-bus01.gif 00car-haitatu01.gif 00car-hospi01.gif 00car-hospi02.gif 00car-jitensya01.gif 00car-pato02.gif 00car-yubin03.gif 00car_blu.gif 00car_ki.gif 00car_red.gif

タイトルは「一太郎」の「ポップ文字作成」で作った後で、右クリックし画像(PNG)に変換しています。余白は、「ペイント」で切り取っています。

00title-yorosiku.png 00title-kyono1nen2.png00title-hitokoto2.png

写真は、2枚の場合、横幅を250ピクセルくらいに、3枚の場合160ピクセルくらいに、小さくしています。フリーソフト「縮小専用。」を使っています。それでないと、入らないのです。

あっぷさんぷる (3年生)

白文字は、背景を紺にして、文字色を白にして作成しています。

黄色の★は、画像ではなく、テキストの★です。色を黄色に指定。

ピンクだとこんな感じ。

あっぷさんぷる (3年生)


81 queries. 0.273 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress


Powered by XOOPS ◇ Desinged by OCEAN-NET