サイト内検索 

メインメニュー
初倉小学校ニュース
アクセスカウンタ
今日 : 6868
昨日 : 379379379
総計 : 769205769205769205769205769205769205
初倉小学校カレンダー
前月2017年 3月翌月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
<今日>
初倉小学校最新ニュース
中学校区最新ニュース
初倉小学校月別過去記事
.

学校長あいさつ

 

穏やかな陽の光がいっぱいに降り注ぎ、桜の花も咲き誇り、初倉小学校にも春が訪れました。

 4月6日、新1年生60名が入学し、児童数326名、教職員数32名で初倉小学校の平成28年度がスタートしました。子どもたちは安定した学校生活を送り、毎日元気に過ごしています。教職員も笑顔を大切に頑張っています。

 子どもたちにとって明日も楽しい学校、保護者の方にとって任せて安心な学校、地域の方にとって支えていきたい学校、教職員にとっては一緒に仕事をしたい学校づくりを目指して頑張っていきます。

 

【学校教育目標】

「自ら学ぶ」とは、本校の開校から脈々と受け継がれている精神です。 

 私たちは、今、混迷の時代、変化の激しい時代と言われる見通しのつきにくい時代に生きています。教育界においても同様で、大きな改革の波が押し寄せているところです。特に、「いじめ」や「学力問題」は、教育界のみならず社会全体の喫緊の課題となっています。年々、子どもたちを取り巻く学習環境・生活環境も大きく変化してきています。その変化により、子どもたちの学ぶ意欲や学力の低下、規範意識や人とのかかわり合いが希薄になってきていることも否めません。

 こうした現状の中で、本校の子どもたちには、一人一人が自己有用感(自分は誰かに必要とされているという満足感)を持ち、夢と希望を描きながら、将来、家庭や地域社会、職場等で貢献できる社会人として自立し、たくましく生きていってほしいと強く願うところです。

 そこで、学校教育目標を『自ら学ぶ やさしい子 の育成』として掲げ、よりよい自分を目指し、心豊かにたくましく生きていくため、知育、徳育、体育のバランスのとれた教育活動を行っていきます。

 

【重点目標】『温かく聴くよ やさしく話すよ じっくり考えるよ』

 目標の設定の理由は、私たちが生活していくための基盤(土台)が、言葉、言語による活動だからです。

 本校では、その基盤となる言語活動を通して、子どもたち一人一人に学習や生活の基礎・基本を身につけさせ、言語(言葉)を遣い、人とのかかわり合いを通して、自立していくための力を育んでいこうと考えています。

「聴く・話す・書く」、この三点に力を入れることで、子どもたち一人一人の知的活動、コミュニケーション能力や豊かな感性、情緒への安定へと繋げていきたいと考えています。「聴く・話す・書く」の中でも、とりわけ「聴く」については、現状において、本校の子どもたちに一番付けたい力であるため、最も力を入れていきます。 

 

  島田市立初倉小学校 藤村 雅彦

 

 


Powered by XOOPS ◇ Desinged by OCEAN-NET