サイト内検索 

メインメニュー
島田第三小学校ニュース
アクセスカウンタ
今日 : 118118118
昨日 : 865865865
総計 : 897628897628897628897628897628897628
第三小学校カレンダー
前月2017年 3月翌月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
<今日>
島田第三小学校最新ニュース
中学校区最新ニュース
島田第三小学校
.

 学校重点目標 「ことばと体でやさしさ 強さ」

        ことばと体でやっちゃん、つっちゃん 

EPSON MFP image


                        校長 宮村 久美子 

 本校の重点目標は、今年も「ことばと体でやさしさ、強さ」です。

 やさしさは、○「相手の気持ちを思い浮かべて『一緒にやろう』と言える子」

 強さは   ○「自分で考え、自分で決め、自分の足で歩く子」

       ○ 当たり前のことが自然にできる子

        (三小の当たり前・・・「ありがとう」・あいさつ・そうじ)」です。 その為に、ことばの力を育みます。体の力を育みます。

「ことばの力」として、朝の時間に「かるたタイム」をやっています。そこでは、「ことわざ」「四字熟語」「慣用句」「島田かるた」「百人一首」など様々なかるたに取り組んでいます。3年目になります。今年度は、新しく「日本語であそぼ・いろはかるた」にも挑戦します。「いまはむかしたけとりのおきなというものありけり」「りかにかんむりをたださず」「かきくえばかねがなるなりほうりゅうじ」「れいにはじまりれいにおわる」「てんはひとのうえにひとをつくらず」そのような名文・名句のかるたです。それらをさらっと口ずさむ子、またこのかるたを手がかりにもっと読みたい知りたいという気持ちになってくれる子がたくさんになることを願っています。

また、「ことばの力」として、話し合い活動を大切にしていきます。例えば、三小オリンピク運動会に向けて、スローガンや学級のがんばることをみんなで話し合って決めます。途中けんかやいざこざが起きた時がチャンス。話し合って乗り越えます。

「体の力」としては、今年度、新たに「つっちゃんさあ・とれ」を始めます。遊具を使ったサーキットレーニングです。てつぼう→うんてい→タイヤとび→のぼり棒→ろくぼく→ランニングを組みわせ、休み時間や体育の時間に取り組みます。

朝の三小の運動場は、子ども達で溢れています。朝から顔を真っ赤にしている子、汗が顔から吹き出ている子もいます。新たに「つっちゃん、さあ・とれ」を加え、遊具での遊びに力を入れながら体の力を育んでいきます。

 そして、やっぱり教師の構えは「よし」と「よし、よし」です。「よし」はその子が前に比べて進歩したことや他と比べてできること、得意なことをきちんと認め価値づける事。「よし、よし」は存在レベルの自己肯感を育むことだと考えています。保健室に来る子に、養護教諭がまず、頭を触って、お腹を撫でてその痛みを共感する「よし、よし」を職員一人一人が言えるようにしたい。けんかをして、泣きながら訴えてくる子に「悲しかったんだね。」の一言を言ってからけんかの理由やその後の指導をすることのできる一人一人の職員でありたいと思っています。子ども一人一人に対する教師の構えを「よし」と「よし、よし」でやっていく中で、やさしさと強さを持った子を育てていきます。

 強さとやさしさがあれば、なかよくなれます。そして、どんな事も乗り越えることができます。275人の児童+学校職員26人=301人  みんな一緒にがんばります。

 やさしさ、強さをめざす子ども達を、保護者のみなさま、地域のみなさま、本年度もどうぞ応援をよろしくお願いいたします

 

 




Powered by XOOPS ◇ Desinged by OCEAN-NET