サイト内検索 

メインメニュー
島田第二小学校ニュース
アクセスカウンタ
今日 : 7272
昨日 : 1005100510051005
総計 : 970359970359970359970359970359970359
第二小学校カレンダー
前月2017年 3月翌月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
<今日>
島田第二小学校最新ニュース
中学校区最新ニュース
島田第二小学校月別過去記事

2017年3月17日(金曜日)

立派だった最後の授業

カテゴリー: - s2e03 @ 22時42分56秒

 

6年生にとっての最後の授業、卒業式。期待以上のレベルアップした姿を見せました。入場の時から練習とはちがう表情でした。しっかりと前を見る目、堂々とした姿勢、力強い歩み。保護者の皆様も、御家庭でみる我が子とはちがうものを感じられたのではないでしょうか。「大きくなったな。成長したな。」という思いが込み上げてきたことでしょう。

 

 

CIMG4912.jpg

 

 

CIMG4913.jpg

 

 

CIMG4931.jpg

 

学校長式辞では、「平凡な毎日の中で、少しでも何かを工夫し続けることが大きな力となる。積み重ねが大事。」ということを、修学旅行で行った上野動物園での出来事から述べられました。一日に何百人もの人に接している方が、わざわざ手紙を書いて本校6年生の態度を誉めてくださったことの価値と、人に大きな好感を与えるような接し方ができた背景にあるものについての話でした。日頃から温かい気持ちで生活してきたその積み重ねの結果が、「手紙」となって返ってきたのだと子どもたちに伝えられました。卒業生全員でつくりだしたこの温かな二小の雰囲気は、引き継いでいかなくてはならない宝だと思います。

 

CIMG4964.jpg

 

CIMG4965.jpg

 

CIMG4966.jpg

 

CIMG4970.jpg

 

美しい歌声から始まった卒業の言葉。一人ひとりが思いを込めて語ることはもちろん、全員の息を合わせる練習もたくさんしてきました。前日に集中的に練習していた「ぼくたち、わたしたちは島田第二小学校を卒業していきます。」というところが決まったときは鳥肌が立ちました。担任も笑顔で見ていました。

 

 

CIMG4989.jpg

 

CIMG5015.jpg

 

CIMG5023.jpg

 

CIMG5027.jpg

 

6年生の担任は、特に重責を感じるものです。学校をリードする子どもたちを統率する訳ですから。大きな行事の前には「なぜこういうことをやるのか。」というようなことを話し、モチベーションを保てるような工夫をこらし、一人ひとりのがんばりを見取って声をかけ、その子のよさを生かし、もちろん日々の授業も充実させ・・・。非常に大きなプレッシャーを感じながらやってきたはずです。1組の担任の豊富な経験とリーダーシップ、2組担任のフットワークと豊かな発想、この2人がうまく融合して大きな力を発揮した1年間でした。成長した子どもたちを見て、担任も「感無量」だったことでしょう。

 

CIMG4993.jpg

 

卒業式を終えた今、中学校生活への夢と希望、期待と不安が見え隠れする複雑な心境、何となくこみ上げてくるさみしさなど、いろいろな思いをもっていることでしょう。卒業してもみなさんにとって島田第二小学校はずっと母校です。いつでも羽を休めに来てください。卒業おめでとうございます。

CIMG5078.jpg

CIMG5106.jpg

CIMG5123.jpg


2017年3月16日(木曜日)

「学問のススメ」から

カテゴリー: - s2e03 @ 22時06分08秒

 いよいよ明日は卒業式。6年生生は他学年よりも1日早く修了式を行いました。校長先生の話は、「中学に進学しても学び続ける人でいてほしい」というメッセージが込められた「学問のススメ」に関することでした。

 

P1120714.jpg

 

『よりよく生きるために学問をする。その気になればどんなことからも学ぶことができる』と、明治時代の大ベストセラー「学問のススメ」の一説を読み上げ、こう話されました。

「勉強が嫌い。だから勉強はしない。」と言う人は、よりよく生きることをやめた人です。」この言葉を聞いた子どもたちの表情がきりっと引きしまったように感じました。

 

P1120692.jpg

 

 

P1120734.jpg

 

多くの子が小学校生活の中で、一度は「勉強は面倒なだ。やりたくないな。」と思ったことはあるでしょう。そして、「何で勉強をしなくてはいけないのかな。本当に役に立つのかな。」と疑問をもち、取組がおろそかになったり雑になったりしたこともあったと思います。校長先生の言葉にドキッとした子も多かったことでしょう。

 

P1120728.jpg

 

P1120702.jpg

 

P1120844.jpg

 

式の後、修学旅行で上野動物園に行った班の子が知り合った方からいただいた「湯島天神」の御守りを渡しました。湯島天神は、学問の神様で知られる菅原道真公を祀る、関東を代表する天満宮です。「中学に進学しても学問に励んでほしい」という思いが込められた贈りものです。明日の卒業式は、小学校での学びの集大成です。

 

P1120899.jpg

 

 

P1120902.jpg

 

 

P1120903.jpg

 

 

P1120904.jpg

 

6年生の修了式に5年生も臨席し、より緊張感のある雰囲気作りに協力しました。よい姿勢でじっと6年生を見つめ、大変立派な態度でした。

 

P1120742.jpg


2017年3月10日(金曜日)

最後の授業に向けて 「さあ 始めよう」

カテゴリー: - s2e03 @ 22時07分53秒

「卒業式はわたしたち6年生にとって、小学校生活最後の授業」。5,6年合同練習の様子から、そういう思いが子どもたちの言葉や姿からひしひしと伝わってきました。合同練習は10日に行われましたが、その3日前に「プレ総練習」のような感じで通し練習がありました。そのときは、校長先生と教頭先生から様々な課題が伝えられました。歩くスピードや向きの変え方、証書を受け取るときの目線、呼名の返事、卒業の言葉の伝え方・・・。そして3日後、今日の合同練習では、それらの課題を見事にクリアしている姿に驚きました。

 

P1120605.jpg

 

P1120606.jpg

 

さらに最後に歌った「旅立ちの日に」は、教頭先生が「鳥肌が立った」と言うほどの仕上がりでした。なぜ短期間でこんなに変化できたのか。そこには、2人の担任が一貫して伝えてきた思いが、子どもたちの心にしっかりと伝わっていたからではないでしょうか。

「あなた方はいつも見られているのです。立っていても座っていても、親は自分の子を見ています。」

「卒業式は儀式です。儀式には決められた所作があります。そういう決められたことを確実にこなせることは、とても価値のあることです。」

 担任のこういう思いが伝わっていたから、子どもたちは「もっとよくなるためにはどうすればいいのか」という気持ちで練習に臨み、アドバイスを自分事として受け入れることができたのではないかと思います。

 

P1120608.jpg

 

P1120610.jpg

 

P1120613.jpg

 

 

 6年生の姿を5年生も見ていました。「さすが6年生」という思いをもったのではないでしょうか。

 

P1120615.jpg

 

 合同練習の最後に、教頭先生から「今日のみなさんはすばらしかった。あと1週間、どこをがんばればもっとよくなるのかを考えてほしい」という話がありました。

 

P1120623.jpg

 

P1120630.jpg

 

今のままでも十分すばらしいのですが、ここからのあと1歩が本当の「レベルアップ」であり、二小の子の課題です。6年生がどんなレベルアップした姿を見せてくれるか・・・。最後の授業に向けて「レベルアップ」の挑戦を「さあ!始めよう」

 

 

 

 


2017年3月3日(金曜日)

卒業を目前にして

カテゴリー: - s2e03 @ 20時44分00秒

 早いものでもう3月です。先日は、6年生を送る会が5年生の企画運営で行われました。入場は4年生が考えた温かな演出でした。

DSCF3687.jpg

DSCF3684.jpg

 恒例のスライドショーでは、自分たちの幼かったころが懐かしかったのか、照れくさかったのか、スライドが変わるたびに大きな歓声が上がりました。

DSCF3739.jpg

DSCF3751.jpg

壁面には各学級からの心のこもった掲示物が飾られました。授業の合間をつかって一生懸命制作したのでしょう。

DSCF3698.jpg

DSCF3699.jpg

DSCF3701.jpg

DSCF3702.jpg

各学年からのお祝いの言葉、歌、プレゼント、6年生担任の話題に関するクイズなどが続き、大変盛り上がりました。退場は、3年生の鍵盤ハーモニカ演奏と歌でした。

DSCF3793.jpg

DSCF3807.jpg

DSCF3822.jpg

DSCF3837.jpg

DSCF3850.jpg

DSCF3943.jpg

P1120432.jpg

6年生のみなさん、二小のリーダーとして本当にたくさんの行事を引っぱっていましたね。5年生はその大変さをこの6年生を送る会を行ったことで実感したことでしょう。5年生にとっては、「送る会」がスタートなのです。会が終わった後の5年生は充実感にあふれていました。

P1120453.jpg

6年生にとって残された行事は「6年間最後の授業 卒業式」のみとなりました。体育館での練習も本格化し、本番さながらの緊張感の中で練習が進んでいます。細かな立ち振る舞いの指導を受け、ぐんとレベルアップしてきました。

P1120465.jpg

P1120478.jpg

P1120488.jpg

P1120492.jpg

卒業という「節目」を立派に迎えることは、中学進学に向けての大きな自信となると考えます。6年生の子どもたちが無事に卒業の日を迎えられるように、担任をはじめ学校全体で精一杯サポートしていきます。


18 queries. 0.067 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress


Powered by XOOPS ◇ Desinged by OCEAN-NET