サイト内検索 

メインメニュー
島田第二小学校ニュース
アクセスカウンタ
今日 : 293293293
昨日 : 878878878
総計 : 971458971458971458971458971458971458
第二小学校カレンダー
前月2017年 3月翌月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
<今日>
島田第二小学校最新ニュース
中学校区最新ニュース
島田第二小学校月別過去記事

2017年1月26日(木曜日)

冬でも熱いロング昼休み

カテゴリー: - s2e03 @ 18時26分52秒

 朝はついついポケットに手を入れたくなりますが、昨日の昼休みは風は弱く日当たりはよく、外にたくさんの子どもたちが出ていました。鳥取の方は大雪だったらしいですが、静岡ではこうして外遊びができるのですね。

P1110708.jpg

P1110717.jpg

P1110709.jpg

 また、室内でも子どもたちの熱い姿が見られました。第2音楽室で中学年のかるた大会が行われました。さすが 学級代表だけあって、札が読まれるまでの集中する姿と 札を取る素早さはさすがでした。たくさんの応援団もかけつけ、大いに盛り上がりました。

P1110736.jpg

P1110722.jpg

P1110723.jpg

  図書室で静かに本を読んでいる子もいました。いつもより長い休み時間、じっくりと本を読むことができて満足そうでした。主な取組18項目の中に「様々な分野の読書をする」という項目があります。進んで読書をする姿が育っていることは嬉しいことです。

P1110738.jpg

 何かを身につけるためには、自分から「したい」と思って動き出すことが必要です。今回のロング昼休みでは、「動きたい」「勝ちたい」「読みたい」という子どもたちの前向きな姿が見られました。

 子どもたちが進んで動き出すことは「楽しいこと」が多い傾向にあります。しかし、職員室前の廊下では「きれいにしたい」という姿が見られます。

P1110650_1.jpg

P1110658.jpg

 ぞうきんを半分に折って、手でしっかり押さえられるサイズにします。そうすると、汚れがよく拭き取れます。また、横向きに拭き進めることで、体勢の変化があり飽きません。10分間ぞうきんがけを続けると、息が上がるほどの運動量があり体幹力のアップも期待できます。

P1110649.jpg

P1070452.jpg

 バケツの水が汚れたということは、廊下がきれいになったということです。来校された際は、ぜひ職員室前の廊下を御覧になってください。


2017年1月20日(金曜日)

骨って大切!みるく教室

カテゴリー: - s2e03 @ 18時58分55秒

本日4年生が、株式会社明治から講師の先生をお招きし、食育の出前授業を受けました。今日のテーマは「カルシウム」でした。子どもたちは、「カルシウムは、何となく大事なものだ。」という認識はありましたが、なぜそれが大切なのかということは理解できていませんでした。そのため、子どもたちは講師の先生のお話を興味深く聞いていました。

CIMG4178_1.jpg

 

P1020653.jpg

講話が終わると、「骨を丈夫にするために、今日から牛乳たくさん飲まなきゃ!」「牛乳は苦手だから、カルシウムが摂れる違う食品をたくさん食べよう!」「毎日ヨーグルト食べててよかった!」など、カルシウムを摂る必要性を実感した声が聞かれました。

CIMG4183.jpg

 

CIMG4199.jpg

講話の後には、ミルク(乳脂肪の入った生クリーム)を使ったバター作りをしました。一生懸命容器を振ってバターとバターミルクに分け、ミルクはそのまま、バターはクラッカーにのせておいしくいただきました。ちなみに、バター自体にはカルシウムはほぼ含まれていないそうです。手作りで作るからこそ飲めるバターミルクを堪能していました。

 

 

CIMG4203.jpg

 

P1020675.jpg

 

 


2017年1月18日(水曜日)

心も体も元気レベルアップ

カテゴリー: - s2e03 @ 20時44分40秒

 大きな氷を見つけた子がうれしそうに担任に報告するほど寒い日が続きます。そんな中、二小では子どもたちの心も体も益々元気に育つような取組を進めています。

 まず、学年ごとに行われている保健指導です。身長と体重を計測した後、養護教諭から二つの「ニン」についての話をしました。睡眠を誘う「メラトニン」と心身の安定に関わる「セロトニン」です。

P1110458.jpg

P1110472.jpg

P1110470.jpg

 夜遅くまでゲームをしていると、強い光の影響でメラトニンの分泌が減少します。メラトニンは疲労回復、病気や老化の予防効果がある大切なホルモンです。また、セロトニンは早寝早起きの規則正しい生活で増やすことができます。セロトニンは「幸せホルモン」と呼ばれるほど大切なものですが、不規則な生活で不足します。

 「笑う」ことも大切です。島田市出身の落語家三遊亭遊喜さんによる「新春落語教室」を開きました。子どもたちは、遊喜さんからレベル3までの小話を教えていただきました。

小話レベル1「ハトが何か落っことしたよ」「フーン」

小話レベル2「となりの空き地に囲いができたってね」「へー」

小話レベル3「母ちゃんパンツやぶけたよ」「またかい」

P1110495.jpg

首の振り方、扇子と手ぬぐいの使い方など落語家さんの工夫も教えていただきました。落語を楽しむために一番大切なことは、「想像すること」だということです。

P1110487.jpg

P1110527.jpg

P1110479.jpg

P1110503.jpg

 最後は遊喜さんの落語を聞かせていただきました。お腹を抱えて笑う子がたくさんいました。「落語の楽しさを知ることができました。」「これからも日本に笑いを広げてください。」「わたしも落語をやりたくなりました。」「今まできいた落語の中で一番おもしろかったです。」「お腹がいたくなるほど笑えました。」など、遊喜さんにすぐにでも送りたい感想がたくさんありました。

 今日(18日)のロング昼休みはペア活動でした。低学年のペアが遊びを考えて遊ぶという企画でした。ドッジボール、鬼ごっこなどを楽しむ子どもたちの声がグラウンドに響きました。

P1110565.jpg

P1110567.jpg

P1110570.jpg

P1110579.jpg

P1110573.jpg

 縄跳びの練習用具「ジャンプ台」も出されました。「初めて二重跳びができた」と喜ぶ子の笑顔が素敵でした。「もっとやりたい」と寒さもわすれて夢中になっていました。

P1110562.jpg

P1110563.jpg

 18項目(16項目)の主な取組の中に、「遊びを通して体を動かそうとする」という項目があります。遊びには「空間、時間、仲間」の「3つの間」が必要です。子どもたちが遊びたくなるような工夫を学校でも考えていきます。

 


2017年1月12日(木曜日)

思いを込めて

カテゴリー: - s2e03 @ 19時33分43秒

 今週から本格的に「3学期が始まったな」と感じている子も多いのではないでしょうか。そんな中、各学年2時間を使って書き初め会が行われました。3年生以上は毛筆なので、会場は体育館でした。

P1110363.jpg

P1110362.jpg

P1110366.jpg

P1110382.jpg

5年生の集中力には特に感心しました。しんと静まりかえり、時折聞こえるため息が緊張感を一層高めました。

P1110393.jpg

P1110390.jpg

習字をするときに、「どのあたりから書き始めるとバランスがいいかな」「点はどのあたりに打つのだろう」と、どうすればうまく書けるのかを考え、頭をひねることが前頭前野を刺激し、脳を育むポイントだと言われています。ですから、手本の通りには書けなくても、そのように書こうとすることに意義があります。日頃の漢字練習にも同様のことが言えます。

DSCF4473.jpg

DSCF4482.jpg

DSCF4479.jpg

また、もう一つの脳発達ポイントは「筆圧」です。手にかかってくる圧を脳で感知して力の入れ具合をコントロールすることで脳が刺激されるそうです。ですから、一画一画墨つぎをするよりもリズムよく一文字書き通した方がよいですし、圧が一定のシャープペンよりも先が丸くなってくる鉛筆の方が脳にはよいと言えそうです。

P1110397.jpg

P1110396.jpg

6年生は小学校生活最後の書き初め会でした。すべての学年の最後に体育館を使った6年生は、床に付いた墨をきれいに拭きました。今後、感謝の活動として校内をきれいにすることも予定されていますが、日頃の生活の中で取り組むこういう行動にこそ感謝の気持ちを感じます。「思いを込めて」がぴったりな姿でした。

DSCF4487.jpg

DSCF4488.jpg

 

 


2017年1月9日(月曜日)

3学期がスタート!

カテゴリー: - s2e03 @ 03時52分00秒

 1月6日(金)、いよいよ仕上げの3学期がスタートしました。始業式が行われる体育館一番乗りは5年生でした。大変落ち着いた立派な態度で待つことができ、その姿から「もうすぐ6年生になるんだ」という気持ちが伝わってきました。校長先生は、日本に古くから伝わる文化「おせち料理」のこと、3学期に特にがんばってほしいことなどを話されました。

P1110334.jpg

P1110338.jpg

【校長先生の話】

 「黒豆には、『まめに働く』という意味があるのです。」「えびには、『腰が曲がるまで長生きする』という願いが込められているのですよ。」

 がんばってほしいことは、「大体できた」から「できた」と自信をもって言えるようになることです。特にがんばってほしいことは・・・。

・身の回りの整理整頓をしましょう。机の中、ロッカーの中をいつも整えましょう。

・友だちの話を最後までだまってきくこと。全部きいてから自分の考えを言えるようになりましょう。

P1110325.jpg

P1110343.jpg

 P1110337.jpg

 11月に実施した学校生活アンケートの結果から、自信をもって「できた」と言い切れる子があまり多くないという現状が見えてきました。「大体できた」から「できた」へのレベルアップが今後の課題です。

P1110349.jpg  P1110351.jpg

P1110346.jpg

 児童代表の言葉は1年生と4年生でした。2人の代表児童の言葉の内容に大変感心しました。目標を立てたことで終わらず、それを達成するためにはどんなことをやるとよいかまで考えて話すことができたからです。「なりたい自分になるための方法」を具体的に考えることが、本年度の重点目標「みんなで高め合い 自分を伸ばす子」の達成につながります。

P1110359.jpg     

P1110360.jpg

 生徒指導主任からは、4つの「やってみよう」が伝えられました。その中に、「友だちを○○さんと呼ぼう」というものがあります。子どもたちの中には「なんで○○さんと呼ぶといいのかな。かた苦しいよ。」と思った子もいたことでしょう。でも、おせち料理の品にも一つひとつに意味がるように、始業式で伝えられたことにもすべて意味があります。子どもたちの「納得感」を引きだしつつレベルアップを図ることができるよう、子どもたちとの対話を大切にして3学期を過ごしていきたいと思います。  

P1110307.jpg


20 queries. 0.055 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress


Powered by XOOPS ◇ Desinged by OCEAN-NET