サイト内検索 

メインメニュー
島田第二小学校ニュース
アクセスカウンタ
今日 : 292292292
昨日 : 878878878
総計 : 971457971457971457971457971457971457
第二小学校カレンダー
前月2017年 3月翌月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
<今日>
島田第二小学校最新ニュース
中学校区最新ニュース
島田第二小学校月別過去記事

2016年7月27日(水曜日)

1学期終業式

カテゴリー: - s2e03 @ 21時03分07秒

  あいにくの天気でしたが、比較的涼しい中、1学期終業式を行うことができました。成果も課題も見つかり、充実した1学期を送ることができました。運動会やPTAバザーなどの様子から、家庭、地域、学校が一体となって子どもたちの成長を支えてきたことを実感しました。

P1080505.jpg    P1080504.jpg

 まず、校長先生から、子どもたちの学校生活アンケートから見えてきた成果と課題についての話がありました。子どもたちにわかりやすいように、成果を「青」、課題を「赤」と色分けをして表示されました。

↓ 進んでありがとうが言える  ↓ 学校の授業が楽しい

P1080515.jpg   P1080518.jpg

↓トイレのスリッパをそろえている ↓進んで宿題をすることができる

P1080516_1.jpg  P1080519.jpg

 白いところが「できた」、濃いグレーのところが「だいたいできた」です。気持ちよく生活するために大切なことや、自分のやるべきことに関しては意識が高いようです。一方で「赤」と表示されたことは・・・

↓友だちの考えがわかるようにきくこと  ↓進んで自分の考えを言うこと

P1080525.jpg  P1080526.jpg

↓メディアの利用に関する約束     

P1080527.jpg  P1080528.jpg

 赤で示されたことについては、「できた」という白の割合が低いことが特徴です。相互に伝え合うようなコミュニケーション力を高めることが課題のようです。

 生徒指導主任からは、安全・安心を守るために考えることについての話がありました。「大きな事故や事件にあわなかったことは当たり前ではありません。みんなが約束やルールを守ってこそ、安全が守られ安心して生活できるのです。」という内容でした。

P1080547.jpg   P1080552.jpg

P1080559.jpg   P1080557.jpg

 児童代表の言葉は、1年生と4年生でした。1年生は、原稿を見ず、暗記して話しました。300人以上の人の前で、話す姿は大変立派でした。となりでマイクを持つ4年生の姿からは、やさしさがにじみ出ていました。  

 1年生は、はじめは苦手だったことをどのように克服してきたか、水泳と算数について努力の過程を詳しく説明することができました。

 4年生は、授業の中での発表のこと、ノートを書くこと、係活動のことについて話ました。その中に「他の友だちの意見をきくと、自分と近い考えや少しちがう考えがわかり、発表したくなった」というところがありました。大変すばらしいきく態度が身についていると感心しました。

  P1080530.jpg    P1080541.jpg

 約40分間の終業式でしたが、ずっと集中してきくことができた子もたくさんいました。体育座りを続けられることや話したくなってもがまんすることは「根気」がいることです

 代表児童2人のように、根気よく取り組むことが「達成」につながります。

P1080506.jpg  P1080507.jpg

 子どもたちが「よしがんばるぞ!」という気持ちになるためには、「自分自身が大切な存在」と自覚できることが必要だと言われています。身近な他者からの「勇気づけの言葉」が、そういう自覚を育むそうです。

 夏休みの生活表などに、一人ひとりめあてを立てています。些細なことでも認め、勇気づけていきましょう。そして、めあては立てたら「他者と関わりながら振り返る」ということがポイントです。できていないことに目がいきがちになりますが、できていることもたくさんあるはずです。今年の夏はいつもより少し多めにほめてあげてみてはいかがでしょうか。

 


2016年7月26日(火曜日)

土って気持ちがいい!

カテゴリー: - s2e03 @ 19時34分59秒

  2年2組、今学期最後の図工の時間は「砂場で造形遊び」でした。「さあ、はじめよう!」の教師の一声で、子どもたちは勢いよく砂場に駆け込み、穴を掘ったり山を作ったりと、活動は止まることがありませんでした。

P1080465.jpg  P1080477.jpg

P1080462.jpg  P1080466.jpg

  「バケツを使いたいよ!」「水をくんでくるね!」「こっちから流そうよ!」「重いよ!手伝って!」など、自然な会話が続きます。世間では、位置情報機能を使ったゲームが話題となっていますが、五感をつかって友だちと関わるような遊びをたくさんしてほしいと思います。夏休みは、砂場へGO!

P1080474.jpg  P1080483.jpg

P1080478.jpg  P1080468.jpg

P1080486.jpg  P1080463.jpg


平和の誓い

カテゴリー: - s2e03 @ 19時10分11秒

  昭和20年7月26日、扇町へ投下された爆弾をはじめとして、市内随所における空爆などにより、多くの命が失われました。本日10時から扇町公園で恒久平和を願いつつ戦没者の霊を慰めることを目的として、「島田空襲被爆者慰霊のつどい」が行われました。式典の中で、本校児童2名が「平和の誓い」を述べました。

CIMG0531.jpg  CIMG0532.jpg

  高学年の児童は、「どうすれば世界の人々と仲良くつながっていけるのか」を考えたいということ、さらに、今後の歴史の学習で「なぜ戦争が起きてしまったのか」について深く学びたいという気持ちを語りました。中学年の児童は、家族の話や本で読んで知った「戦争の恐ろしさ」について、また、今の平和な暮らしがあるのは、その恐ろしさを忘れていないからだと思うと語りました。

 冒頭の染谷島田市長の話の中に、「日本の人口の8割が戦争を知らない世代の方になった」ということがありました。「恒久平和」のためには、戦争の悲惨を次の世代に伝え、無事に日常生活を送ることができる有り難さを感じることが大切ではないでしょうか。


外国語って楽しいな!

カテゴリー: - s2e03 @ 16時56分27秒

 外国語活動は、通常5、6年生を対象に実施されています。今日は、ALTのマシュー・カッタソンさんをお招きして、1、2年生を対象に英語の授業が行われました。子どもたちは、「Do you like ○○?」というマシューさんの問いに元気に手を挙げて反応していました。

 「スシ、ハンバーガー、ピッツア」など、子どもたちが好きな物が次々と挙げられ、1年1組の子のテンションは、どんどん上がっていきました。

P1080488.jpg    P1080496.jpg

P1080498.jpg   P1080500.jpg

 マシューさんは子どもたちの心をすぐにつかみ、エキサイティングな1時間を過ごしたようでした。授業が終わって、マシューさんが職員室に帰ってきたとき、たくさんの1年生が見送りに来ました。授業を終えたマシューさんも、「小学生はとても声が大きいですね。私もいつもより大きな声を出しました。」と楽しそうに話していました。

 


2016年7月22日(金曜日)

世界に広げよう 友だちの輪!

カテゴリー: - s2e03 @ 22時21分30秒

 7月21日(木)、中国、韓国、インドネシア、ネパール、香港、ベトナム、ベナン出身の留学生を招いて、「友だちの日集会」という交流会を行いました。6年生が、外国のゲストに島田のよさや日本の文化を紹介したり、外国のゲストから母国の特徴を教えてもらったりする活動です。

 6年生はこの日に向けて、外国語活動でコミュニケーション力を高めたり、島田のよさについてじっくりと話し合ったりして、何週間もかけて準備をしてきました。目標をもって学習を積み重ねてきた成果が、ゲストの話を聞く姿に表れていました。

DSCF4257.jpg   DSCF4265.jpg

P1080437.jpg  P1080446.jpg

P1080449.jpg  P1080441.jpg

 どのブースに入っても、ゲストと子どもたちの一体感が感じられました。自然な反応、明るい笑い、真剣にメモを取る姿など、相手を大切にして聞く姿から「やさしさ」が伝わってきました。

DSCF4287.jpg       DSCF4293.jpg

 二小自慢の「祝い太鼓」も披露し、あっという間に時間が過ぎていきました。ゲストを見送る「See  you!」という声が何度も聞こえてきました。ゲストの方々も終始笑顔でした。

DSCF4256.jpg    DSCF4302.jpg

  これからのグローバル社会で必要なことは「多様性を受け止める寛容性」だと言われています。インドネシアには様々な宗教が存在しますが、互いに尊重し合い仲良く暮らしています。子どもたちもゲストの方々も、存分に多様性を感じた1日だったのではないでしょうか。今回の活動が「みんなちがうからいい」という気づきにつながり、自分と異なる考えを素直に受け入れられるように育ってくれることを期待します。

P1080456.jpg P1080453.jpg

DSCF4296.jpg   DSCF4299.jpg

 

 


2016年7月15日(金曜日)

自分を好きになろう!

カテゴリー: - s2e03 @ 21時09分16秒

 二小では、個人ポストに「わくわくカード」を入れ合う取組を進めています。カードには、他者から見た自分のよさが書かれています。この取組の目的は、友だちから入れてもらったカードを見て、自分では気付かなかった自分のよさを知り、「わたしってなかなかいいじゃん」と、自分を肯定する感情を育てることです。ポストに入っているカードを見る子どもたちの表情は、わくわくにこにこしていたり、じっと真剣に見つめていたりと様々です。

P1080408.jpg P1080410.jpg

P1080415.jpg  P1080416.jpg

P1080417.jpg P1080403.jpg

 自分を肯定的に見る感情を「自尊感情」とい言いますが、この自尊感情には二種類あります。他者との競争で優位に立つことで得られる「社会的自尊感情」と、自分のよさを発見することによって得られる「基本的自尊感情」です。

 今後、子どもたちに必要となる資質は、失敗したり負けたりしたときでも、「自分はまだまだできるはず」と自分を信じて立ち直ることだと思います。そのためには、前述した「基本的自尊感情」を養うことが必要だということです。

 基本的自尊感情を高めるためには、身近な信頼できる大人と、美しさや楽しさ、悲しみや喜び、苦しみを共有する体験をすること、また、友だち同士で感情が動くような体験をすることだそうです。家庭では親子の関わり、学校では友だち同士の関わりが大切だということですね。


サイダーを作ろう!

カテゴリー: - s2e03 @ 19時46分07秒

 本日、7月15日は1学期最終のクラブ活動がありました。理科クラブでは、ドライアイスを使ってサイダーとシャーベット作りをしました。ドライアイスは二酸化炭素の個体であること、子どもたちが飲む炭酸飲料にはこの二酸化炭素が溶けていることを、担当の先生が説明しました。「作り方」の掲示物を見ながら子どもたちはどんどん進めていきます。一番盛り上がったのは、水が入った袋にドライアイスを入れた瞬間です。白い煙のようなものが発生し、袋があっという間にパンパンになりました。

 P1020365.jpg

P1080425.jpg  P1080428.jpg

  「シュワシュワする!」と驚きの歓声が上がりました。続いて「オレンジシャーベット」作りです。ドライアイスが溶けてなくなっても、なかなか固まりませんでした。「もっとたくさんドライアイスを入れよう」と量を増やしていました。しばらくすると「おいし!」という声が次々と聞こえてきて、もっと作りたいと2杯目に挑戦する子が続出しました。

P1020367.jpg  

P1020355.jpg P1020353.jpg

P1020361.jpg P1020358.jpg

 楽しい化学の時間はあっという間に過ぎ、下校時刻が近づいても、「もっとやりたい!」という声がたくさん聞こえてきました。今回のように、食品と理科が関連している事例は他にもたくさんあります。夏休みに、身の回りから、理科に関連する事柄を見つけて、自由研究に取り組む子が出てくることを期待しています。

P1020347_1.jpg  P1020351.jpg

 


野菜パワー!

カテゴリー: - s2e03 @ 19時15分56秒

 栄養教諭の先生に来ていただいて、食育の授業を行いました。2年生は、生活科で、自分が選んだ夏野菜(きゅうり、ミニトマト、なす、オクラ、えだまめ、とうもろこし)を育てています。大きく育った野菜の中には、おいしそうな実をつけ、収穫の時期を迎えた野菜もあります。

 そこで今回の授業では、自分たちがつくった野菜を食べるとどんなよいことがあると思うか話し合ったり、先生からどんな栄養があるのか教えていただいたりしました。野菜を食べると体が丈夫になることは、多くの子どもたちが知っていましたが、お腹の中を掃除する力やイライラを静める力もあることも知り、「やっぱり野菜って体に必要なんだ」「これからは、ちゃんと食べなくちゃ」と、野菜の大切さを感じていました。

 また、自分たちが育てている野菜でできる簡単レシピも紹介していただき、「家で作って食べてみたい!」「これなら、苦手なオクラもおいしく食べられそう!」など、自分たちが作った野菜を早く食べたい思いが膨らみました。

 

P1060226.jpg  P1060229.jpg

 

P1060237.jpg  008.jpg

 

007.jpg  005.jpg


2016年7月11日(月曜日)

外国語活動授業公開

カテゴリー: - s2e03 @ 22時29分56秒

 7月7日、日中は30度を超える猛暑日となりました。そんな中、本校では、外国語活動の授業を公開し、実践研修会が行われました。島田市内の小中学校の先生だけでなく近隣市町からも参観者が集まり、50名ほどの先生方が二小の子どもたちの外国語活動を見て、研修を深めました。授業を公開したのは、5年2組と6年1組です。

P1020296.jpg  P1020298.jpg

P1020303.jpg  P1020307.jpg

P1020310.jpg  P1020304.jpg

 参観した先生方は、「子どもたちも先生もとても楽しそうだった。」「子どもたちがこんなに生き生きと英語を話そうとすることに驚いた」「今日の授業だけでなく、普段から教室の雰囲気が温かいのだろうと感じた」など、子どもたちが意欲的に学ぶ姿を高く評価する声が多くきかれました。小学校の外国語活動は、コミュニケーションの素地を培うことを目的としています。「好きな○○は何ですか?」など、ちょとした会話を、英語で言うことで、伝わった喜びが増します。今後さらに、「英語は楽しい!」と子どもたちが感じられるよう、学習を進めていきます。


2016年7月5日(火曜日)

伊久美を満喫!

カテゴリー: - s2e03 @ 21時06分29秒

 先月の4年2組に続き、今日5日は4年1組の子どもたちが伊久美の移動教室へ出かけました。前回は雨上がりのため、川遊びは少し寒く感じましたが、今日は絶好の川遊び日和!たっぷり遊んだあと、自分たちで打ったそばとつかみ取りをしたヤマメを食べる表情は、やっぱり絵になりますね。

CIMG2139.jpg CIMG2133.jpg

CIMG2140.jpg  CIMG2143_1.jpg

CIMG2180.jpg  CIMG2206.jpg

CIMG2231.jpg CIMG2233.jpg

  昨日の学校は、大変暑く、授業に集中することが厳しい状況でした。今日は比較的過ごしやすく感じましたが、伊久美の散策は、より心地よかったことでしょう。村上先生のガイダンスが大変わかりやすく、伊久美の魅力を肌で感じることができます。「檜の葉の裏には文字が書いてあるよ」「あじさいの葉はどうして互いちがいについているのかな?」など、巧みに子どもたちの知的好奇心をくすぐってくださるのです。体も頭もつかう犬間の散策はあっという間でした。

CIMG2257.jpg  CIMG2262.jpg

         CIMG2273.jpg


2016年7月4日(月曜日)

大盛況!PTAバザー

カテゴリー: - s2e03 @ 19時27分09秒

 7月2日(土)、大変暑い中、PTAバザーが行われました。開始1時間以上前から、「クワガタを買う!」「おもちゃをたくさん買う!」と意気込む子どもたちが並ぶなど、期待の大きさが感じられました。本年度のPTA活動スローガンは「あいさつで 元気発信 笑顔の輪」です。保護者の方同士が楽しそうに協力している姿や地域の方がたくさん足を運んでいらっしゃったことから、スローガンの具現化が図られていることを感じました。

P1080205.jpg P1080261.jpg

P1080263.jpg  P1080267.jpg

 「ストラックアウト」は子どもたちに大人気!景品がなくなり、補充されるほどでした。「ボールを投げることって楽しい!」と感じた子がいたかもしれません。

P1080264.jpg  P1080266.jpg

 お総菜、和菓子も大人気!あっという間に売り切れました。二小学区には、おいしい物を売っているお店がたくさんあるのですね。そういえば、2年生が生活科で探検したときもすてきなお店をたくさん発見していました。

P1080274.jpg    P1080276.jpg

 外のブースも大盛況でした。この暑さで、かき氷はどんどん売れました。また、1本50円の焼き鳥も飛ぶように売れ、売り切れ一番でした!

P1080314.jpg   P1080313.jpg

P1080316.jpg    P1080312.jpg

 大きな大きな笑顔の輪が広がったすてきな半日となりました。PTA本部役員の皆様、学年部、各専門部の役員の皆様、「協力品」を持ち寄ってくださった保護者様、会場に足を運んでくださった地域の皆様、御協力ありがとうございました。

P1020286.jpg  P1020285.jpg

 

 


2016年7月1日(金曜日)

伊久美の自然を満喫!

カテゴリー: - s2e03 @ 22時37分49秒

 6月30日、4年2組の子どもたちが「伊久美移動教室」へ行ってきました。一昨年度まで、本校の校長でいらっしゃった村上先生の指導のもと、大変密度の濃い体験をしてきました。到着するとすぐに「そば打ち体験」をしました。次に、川へ移動して「ヤマメのつかみ取り」です。そのヤマメはお昼にいただくので、その場でさばきました。午前中の最後は、川遊びです。天然の流れるプールに子どもたちが大はしゃぎだったことは言うまでもありません。

P1070936.jpg P1070924.jpg

P1070973.jpg  P1070976.jpg

P1070995.jpg  P1080017.jpg

P1080019.jpg  P1080023.jpg

P1080029.jpg P1080056.jpg

P1080065.jpg P1080062.jpg

 昼食は自分たちで打ったそばと自分たちでさばいたヤマメでした。川遊びの後ということもあり、大変な食欲でした。そば湯もいただきました。

P1080111.jpg P1080125.jpg

P1080112.jpg  P1080120.jpg

 最後のプログラムは「犬間地区散策」です。村上先生に伊久美の魅力をたっぷりと紹介していただきました。「ツバメの巣」から始まり、13のポイントを教えていただきました。道々に「今何個教えたかな。全部言える?」と問われ、子どもたち同士で協力して思い出している姿が微笑ましかったです。今でもまだ覚えているでしょうか。

P1080131.jpg  P1080134.jpg

P1080139.jpg  P1080148.jpg

 この移動教室では、普段できないような体験をたくさんしました。そのことを通して、子どもたちは普段得られない刺激を受け、様々な感性を揺すぶられたことでしょう。例えば、普段何気なく食べている魚も、今回の体験で「命をいただいている」ということが実感できたかもしれません。また、散策では檜や山椒の葉の香りを楽しんだり、山びこを体験したりして、自然の魅力を堪能しました。

P1080070.jpg P1080045.jpg

 人工知能の発達などにより、今の子どもたちが将来就く職業は、半分くらいが今存在しない職業になるだろうという予想が話題になっています。そのようなことを聞くと少々不安も感じますが、人としての温かさや豊かな感性があれば、どんな世の中になろうとも、幸せに暮らしていけるのではないでしょうか。私たち大人が子どもたちのためにできることの一つが「多様な体験をさせること」だと考え、今後も心の教育を推進していきます。7月5日は4年1組が行ってきます。


34 queries. 0.116 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress


Powered by XOOPS ◇ Desinged by OCEAN-NET