サイト内検索 

メインメニュー
島田第二小学校ニュース
アクセスカウンタ
今日 : 469469469
昨日 : 882882882
総計 : 966661966661966661966661966661966661
第二小学校カレンダー
前月2017年 3月翌月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
<今日>
島田第二小学校最新ニュース
中学校区最新ニュース
島田第二小学校月別過去記事

2014年7月25日(金曜日)

7月25日(金)1学期終業式

カテゴリー: - s2e03 @ 15時16分14秒

1学期が終わりました

 7月25日(金)、1学期の終わりを締めくくる終業式を行いました。

 校長先生からは、3年生理科園のヒマワリの成長を写真で見せながら、みんな1人1人がこの1学期に大きく成長したことを伝えました。また、島田第二小学校と交流している中国の愛山小学校を訪問したこと。夏休みは命を大切にし、家族の役に立つことをしようと声をかけました。

 1年の後藤大典さんと、4年の岡野光平さんが代表となり、この1年間の体験や努力したこと、2学期への抱負を発表しました。

 8月28日に、みんなの元気な顔を見たいと、職員一同待っています。楽しく安全な夏休みを過ごしてください

 

    

    


2014年7月10日(木曜日)

1年生 生活科

カテゴリー: - s2e03 @ 19時48分33秒

しゃぼんだまけんきゅうじょ(7/9)

 

 生活科の学習「しゃぼんだまけんきゅうじょ」も今日で4回目。使う道具の種類が増えてきました。家で、自分だけの特別な道具を作ってきた子もいます。水着に着替えて準備万端!思い思いの道具を使って、思い切りしゃぼん玉づくりに取り組みました。「めっちゃ大きいしゃぼん玉ができた」「しゃぼん玉を持てたよ」「水たまりにもしゃぼん玉ができる」など、嬉しそうな声が聞こえてきます。「これを使って作りたい」「なんですぐに割れちゃうのかなぁ」「もう少しでしゃぼん玉に入れそう」と、1つの道具で繰り返し挑戦する姿もありました。紐を使ったしゃぼん玉づくりでは、予想以上の大きなしゃぼん玉にびっくり!どの子も夢中になってしゃぼん玉と遊び、あちこちで歓声があがっていました。

 「しゃぼん玉の中に入りたい」という新しい夢もできました。もうすぐ夏休みです。どんな秘密を見つけてくるのか…楽しみです。しゃぼん玉の中に入る夢、研究所で成功させたいと思っています。

    

   

  


2014年7月7日(月曜日)

4年生 伊久美移動教室

カテゴリー: - s2e03 @ 17時36分39秒

年生 伊久美移動教室              

 7月1日(火)には、4年1組の児童30名、3日(木)には4年2組の児童29名が、伊久美の農産物加工体験施設「やまゆり」に出掛け、「そば打ち」「やまめのつかみ取り」「川遊び」などの活動を行ってきました。
 そば打ちでは、職人さんにスカウトされるくらい、上手な手つきでそばを打つ子がいました。包丁で切る際は、うどんのように太くなってしまうこともありましたが、だんだん作業に慣れてくると、そばらしく細く切ることができるようになりました。
 やまめのつかみ取りでは、片手で簡単に捕まえてしまう子がいる一方で、ぬるぬるした感触が嫌で、なかなかつかむことができない子がいるなど、様々な表れが見られました。捕まえたやまめのお腹をナイフで裂いて、内臓を取り出す体験もし、食べるために命をいただいているのだということを実感することができました。取り除いた内臓をえさにして仕掛けをし、50匹以上の魚を捕まえることもできました。
 川遊びをたっぷりと楽しんだあとは、そばを茹で、焼きたてのやまめとともにおいしくおそばをいただきました。あまりのおいしさに、どの子も顔がほころんでいました。
 犬間地区の散策では、植物の名前を覚えたり、珍しい地層を見ることができたりしました。清々しい森林の中を歩いていると、「気持ちがいいね。」「落ち着くね。」という言葉が子どもたちから聞かれました。2組は雨のため、散策をすることはできませんでしたが、しおり作りをおこないました。体験での感動を俳句にし、そこに絵を描き加えるなどして仕上げたしおりは、大切な宝物となったことでしょう。
 様々な体験を通して多くの感動を味わい、また学区の中では味わうことのできない自然を満喫することができた一日でした。

     

       

 


2014年7月2日(水曜日)

2年 生活科

カテゴリー: - s2e03 @ 18時54分17秒

   2年生活科・学区探険『アンドウ惣菜店』

 学区探険に出かけました。扇町にあるアンドウ惣菜店(コロッケで有名)です。1日に800個も作るのに、午前中でほぼ売り切れてしまいます。味の良さや客からの人気で、時々テレビでも紹介されています。そんなお店が二小学区にあるのです。これは、探険しないわけにはいきません。
  探険に行ってみると、子どもたちは、「うわぁ。油のにおいだ。」「これができたてのコロッケなんだぁ。」「へぇ。長細いジャガイモを使うんだね。」「ハムが入っているなんて、言われないと分からないよ。」「材料の量がとっても多いね。」「鍋も大きいなぁ。」と言っていました。質問コーナーでも、「どうしてダンボールを下に敷くのですか。」「一日に何人のお客さんが来ますか。」「どうして人気があるのですか。」などと、社長さんに聞いていました。探険したアンドウ惣菜店を、
                      二小学区の誇りとして感じていた
子どもたちです。なんと、帰りに一人一個コロッケをいただきました。ホクホクしていました。

                  

                  


1年 生活科

カテゴリー: - s2e03 @ 18時21分18秒

生活科「夏の行事を楽しむ」

  茅の輪くぐりをしました。(6/30)

 

先週行った大井神社に再び行ってきました。早速大きな茅の輪をくぐりました。次々と地域の方々が衣の形のお札を持って、お参りにやってきました。知り合いの人に出会ったり、年配の方が茅の輪を8の字にくぐるのを見たり、混雑していない朝ならではの参拝風景を感じることができました。夜、家の人と出かけるのとはちょっと違った体験ができました。

先週見た黄色や赤のテープの場所で確かに出店の準備が行われていたりするのを見ることもできました。忙しそうに準備する姿を横目で見ながら、お邪魔にならないように早めに大井神社を後にしました。

  

  

  


20 queries. 0.045 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress


Powered by XOOPS ◇ Desinged by OCEAN-NET