サイト内検索 

メインメニュー
島田第二小学校ニュース
アクセスカウンタ
今日 : 292292292
昨日 : 878878878
総計 : 971457971457971457971457971457971457
第二小学校カレンダー
前月2017年 3月翌月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
<今日>
島田第二小学校最新ニュース
中学校区最新ニュース
島田第二小学校月別過去記事

2014年2月27日(木曜日)

ミュージック祭

カテゴリー: - s2e03 @ 10時03分37秒

  2月19日(水)に音楽委員会の企画で、第2回ミュージック祭を行いました。今回は、2年生、3年生、4年生が発表してくれました。3年生は、ピアノ・バイオリンを披露した子もいました。発表した子ども達は「緊張した!」「楽しかった。」と様々な感想をもっていました。

 企画、運営をした音楽委員会は、今年度最後の大仕事を、準備から片付けまで、協力し合って行うことができました。

 

    

    


2014年2月19日(水曜日)

6年生 小田島さん授業

カテゴリー: - s2e03 @ 07時57分51秒

 2月13日(木)にゲストティーチャーの小田島さんによる授業がありました。今回の授業では、『国際化とはどういうことなのか?』についてお話や、『新聞の読み方』のポイントについて教えていただきました。
 また子供たちが気になった最近のニュースについても取りあげ、その内容を深める授業をしていただきました。
 経験豊富な小田島さんの授業から、子供たちは学ぶことは多く、世界と日本を比べたとき、日本がいかに安全な国であるかを知る良い機会になったと思います。また、小田島さんから「これから世界中の人たちと君たちは競争することになるので、頑張ってください。」と激励の言葉までいただきました。
 本年度3回、小田島さんから世界に目を向けた内容の授業をしていただき、子供たちは知らなかった世界に目を向け、興味や関心を広げることができました。


2014年2月13日(木曜日)

2・4年 ペア読書

カテゴリー: - s2e03 @ 13時19分56秒

 今回のペア読書では、4年生が2年生に自分で選んだ本を読んでくれました。4年生は本を選ぶときに、2年生のペアのことをたくさん考えてくれたようです。2年生は、「楽しかった!」「お姉さんたち読むのが上手!」ととても喜んでいました。4年生は、「緊張した。」と言っている子もいましたが、誇らしげな顔をして教室に戻ったことが印象に残りました。                     

      


2014年2月12日(水曜日)

2月 朝礼

カテゴリー: - s2e03 @ 13時19分24秒

2月 朝礼

 2月5日(水)2月の朝礼が行われました。この日も定刻を守って児童全員が体育館に整列しました。

 校長先生からは、イタリアのサッカーチーム、ACミランに移籍した本田圭佑選手の小学校時代の作文を紹介し、願いを叶えるために、夢や意志を強くもつことが大切であるという話がありました。また、成田先生から、「ありがとう」という言葉の大切さの話がありました。

 3学期の学級委員の紹介がありました。最後の学級委員として、クラスのために、力一杯がんばってください

     

      


2014年2月7日(金曜日)

ふれあい学習(大村屋酒造社長さん来校)

カテゴリー: - s2e03 @ 16時01分14秒

   3年生は、ふれあい学習(総合的な学習)で、『大村屋酒造』をテーマに取り上げて学習を進めています。すでに事務所見学や工場見学などを通して、個々に学習問題を設定し、予想し、解決への見通しを立て、今解決に向けて動き出しています。疑問に思ったことをインタビューするため、大村屋酒造の社長さんにご来校いただきました。子どもたちは、興味関心が高く、「なぜタンクの中でお酒を造るのですか。」「井戸水は地下30mだけれど、どうしてそんなに深く掘るんですか。」「水道水と井戸水は何が違うのですか。」「お酒の種類ってどのくらいあるのですか。」「お酒を造ろうと思ったきっかけは何ですか。」「いつからお酒を造っているのですか。」「なぜ大村屋というのですか。」などなど、数多くの質問を投げかけていました。質問が絶えなくて、困ったくらいです。
  江戸時代から続けていること。社長さんは7代目であること。江戸時代には、島田に10軒ほどあった酒造場が、今では1軒になったけれど、頑張って続けていること。昔はお酒が娯楽だったこと。旅人が好んでお酒を飲んでいたこと。大村屋は焼津の地名に由来していること。島田の井戸水はアルプスの水で、軟水のためお酒に適していること。お酒造りには最低2ケ月程度かかること。静岡県では3番目に大きな酒造場であること。お酒は熱と光に弱いため、ペットボトルで管理しない(瓶を利用)こと…など数多くのことを社長さんから学びました。
 酒造り(大村屋酒造)を学習することを通して、伝統ある酒造場が私たちの二小学区にあることを誇りに感じる良き機会になっています。

       


3年生社会見学(前川木工所)

カテゴリー: - s2e03 @ 15時56分22秒

  社会科では、『物をつくる仕事(工場)』の学習を進めています。そこで、第二小学区にある“工場”について調べることにしました。子どもたちの住む第二小学区にもすごい工場があるのです。カタカタをつくる工場です。カタカタとは、赤ちゃんが手で押して遊ぶ車(ハンドカー)のことです。その生産が全国一位という工場が宮川町にあるのです。前川木工所といいます。早速、どんな工場なのか、調べに行くことにしました。1組は3日(月)・2組は4日(火)に工場見学に行ってきました。
 子どもたちは、「えぇ。これ全部、手作業でやるの。」「タイヤが、あっという間に円くなって驚いたよ。」「絵付けは、版画みたいだね。位置が正確で、ずれないからびっくり。」「東北や北海道の寒い地方の木を使うといいなんて知らなかったよ。」「カタカタにも種類があって、取り外しできるのがあるのは面白い。」「絵の型を抜くのは、電動のこぎりだったよ。とっても速くて職人技だよ。」「木をつるつるにするにも秘密があるんだね。」などと感想を言っていました。
 子どもたちは、すごい工場が第二小学区にあるということを改めて感じたようです。木村飲料や大村屋酒造と並び、第二小学区の自慢をまた一つ知ることができました。興味をもって、前向きに学習する子どもたちが素晴らしいと思います。

       

        


2014年2月5日(水曜日)

学校保健委員会「思春期の心と体の変化」

カテゴリー: - s2e03 @ 18時18分11秒

1月28日(火) 学校保健委員会 6年生

 講師に滝井なみき先生をお迎えして、「思春期の心と体の変化」について授業をしていただきました。明るく元気のよい滝井先生の情熱あふれる語り口に子どもたちは目をキラキラ輝かせ、身を乗り出して授業を受けていました。滝井先生がお話しして下さった、「生まれて来たことがすばらしい。みんなは、3億分の1の確率で生まれて来た尊い存在。」という言葉に、子どもたちは心を動かされました。「自分が生まれてきたことに感謝したい。夢に向かって今の自分にできることを、がんばっていこうと思った。」という感想をもった子が大勢いました。思春期の中にあり、心と体のアンバランスさをどのように受け止めて対応していったらよいのか、そのヒントを一人一人が得られた素敵な2時間の授業でした。

   


2014年2月3日(月曜日)

3年生校外学習(社会科・ふれあい)

カテゴリー: - s2e03 @ 16時20分15秒

 1月30日(木)に校外学習に出かけました。明治製菓東海工場・木村飲料浜工場・島田市博物館分館です。
 明治製菓東海工場では、スナック菓子(カール)やチョコレートの製造工程を見学しました。子どもたちは、「みんな白い服を着ていて衛生的だな。」「カールを切る機械はものすごく速く回転しているよ。びっくり。」「カールは飽きられないように100種類も出しているなんて驚いた。」などと言っていました。おいしいお菓子を大量に生産するための工夫に気づいたようでした。
 木村飲料浜工場では、静岡コーラの製造工程を見学しました。「大きな会社が作れないものを生産していて面白い。」「この工場の本社が二小の近くにあるなんてびっくり。」「大きな機械がたくさんあって驚いた。」などと言っていました。学区にも誇れる会社があることを改めて認識したようでした。
 島田市博物館分館では、昔使われていた道具を見てきました。「わぁ。古いテレビだぁ。」「これが冷蔵庫なの?」「古いお金だ。今は使えないね。」「石臼を体験してみたい。」「ねずみとりの仕組みが分からないよ。」などと言っていました。今と昔の違いを知り、「今は便利なんだなぁ。」と再認識したようでした。
 子どもたちは、どこに見学に行っても、質問が絶えません。興味をもって前向きに学習しているのです。学校では学ぶことができない内容を、体験を通して学習をしてきました。「面白かった。」「また行きたい。」という子がたくさんいました。

     

      


高学年かるた大会

カテゴリー: - s2e03 @ 16時16分04秒

 1月29日(水)に、5,6年生のカルタ大会が行われました。
 百人一首は札の数が多く、似ている下の句もたくさんありお手つきの回数も増えました。それでも、代表になった子どもたちは最後まであきらめず取り組みました。札の数が減ってくると、だんぜん下の句を覚えている子が有利でした。
 これだけは自分が取りたいと思うお気に入りの句もあり、和気あいあいと行われました。

       

      


低学年かるた大会

カテゴリー: - s2e03 @ 16時08分48秒

 1月22日(水曜日)の昼休みに、 1,2年生のカルタ大会が行われました。
 「江戸いろはカルタ」は、「きょう」を「けふ」と読んだり「いぬ」の「い」が「ゐ」だったり、現代の仮名遣いと違うものがあり難しいですが、子どもたちはその違いを理解しながらテンポ良く札を取っていました。
  白熱した戦いの結果、
  1年 キング(1位)  板倉功大さん   2年 キング(1位)  鈴木徹平さん
  1年 クイーン(1位) 堀内小夏さん   2年 クイーン(1位)  山内梨緒さん でした。

      

      

   


30 queries. 0.062 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress


Powered by XOOPS ◇ Desinged by OCEAN-NET