サイト内検索 

メインメニュー
島田第一小ニュース
アクセスカウンタ
今日 : 991991991
昨日 : 1427142714271427
総計 : 1304134130413413041341304134130413413041341304134
第一小学校カレンダー
前月2017年 3月翌月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
<今日>
島田第一小学校最新ニュース
中学校区最新ニュース
島田第一小学校月別過去記事

2010年5月25日(火曜日)

校長室便り(3)

カテゴリー: - s1e01 @ 11時07分24秒

   校長室から(3) 日々成長 (運動会の練習から)      

 

 5月の運動会になって2年目。暑くなったり寒くなったりの天候不順の中、子ども達は一生懸命運動会の練習に取り組んでいます。紅白に分かれての応援練習にも一段と熱が入り、大きな声で我がチームを応援する声が運動場にこだましています。

どの学年も日に日にダンスや競技が練習の成果がでて、上手になっていくのがわかります。その中でも群を抜いてその成果が形になっていくものがあります。高学年の「組体操」です。1人の技から2人へ。そして、3人、4人とその数が増えていきます。人数が増えていけばいくほど、技術だけでなく心もそろえていかなくてはなりません。まさに“集団の美”です。「土台が大切」・・・土台・基礎がしっかりできたうえに、上で演技する子の技が生えます。最後に演技する10人タワーは、10人の子ども達の心と体とを結集させた技です。この土台は「組体操」だけでなく、生活・学習すべてに大切なことです。

学校には各季節ごとに大きな行事があります。その行事の中で「仲間」「自分の頑張り」「思いやり」などを育て、学校教育目標「心豊かにたくましく生きる」子どもの育成を目指しています。運動会の当日一日だけでなく、本番を目指した練習を通して、子ども達が成長をしています。

運動会が終了したあと、一回り成長した子ども達がいます。日々成長し、伸びていく子ども達を温かく見守ってください。


2010年5月11日(火曜日)

校長室便り(2)

カテゴリー: - s1e01 @ 14時29分11秒

 校長室から(2)      大切な言葉(ほかほか言葉) 

 

                       校長  土屋 雅子

 

 新しい年度が始まって一ヶ月が経とうとしています。季節は春から初夏へ。今年は天候が不順ですが、学校のドウダンもかわいらしい白い花をさかせ、桜の葉も緑の色を濃くしています。

PTA総会の折にお話ししたように、学校では次の三つの言葉が自然に、そして、心を込めて言えるようにしたいと考えています。

「おはよう」・・・・「おはよう」に代表される挨拶。元気に気持ちよく一日をスタートしたいです。「おはよう」が元気に言える子は「こんにちは」「おやすみなさい」も言えます。

「ありがとう」・・・人間は一人では生きていけません。たくさんの人やものに気持ちよく感謝ができるようにしたいです。

「ごめんなさい」・・生きていく中では、自分では悪いことをしようと思っていなくても、迷惑をかけたり、嫌な思いをさせたりすることがあります。そんな時、素直に「ごめんなさい。」が言えたりをこれから自分がどうしたらいいかを考えたりできるようにしたいです。

この三つの言葉がきちんと言えることは、子どもたちだけでなく私たち大人にも必要です。大人が率先し

て子どもたちの手本になるように頑張っていかなくてはならないことです。

学校ではこの三つの言葉の大切さを折りにつけ指導します。「ほかほか言葉」(心が温かくなる言葉)が学校

だけでなく、家庭・地域に広がっていくように皆様方のご協力をお願いいたします。


15 queries. 0.032 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress


Powered by XOOPS ◇ Desinged by OCEAN-NET